前の話
一覧へ
次の話

第3話

外伝2
222
2020/01/27 19:50

ぼくは、かあさんたちの復讐ふくしゅういまたそうとしている。


本当ほんとうぼく一人ひとりたすつもりだった。
でも、ねえさんはいてきてくれた。
ぼくねえさんがいなかったら
本当ほんとうこわれていたかもしれない。
ぼくはこの復讐ふくしゅうたしたらすべててのつみ背負せおってそっちにこうとおもう。
ねえさんにはくるしいおもいをしてしくないから。

そんなぼくかあさんととうさんはえにてくれる?
人殺ひとごろしというつみ背負せおったぼくきしめてくれる?

きっとそんなことないんだろう。


ためいきれる。

こんなことになってしまったのは、
こんなに精神せいしんめられているのは……
森ミサキ
森ミサキ
リンタロウ。
うしろからこえこえる。
ぼくはゆっくりねえさんのほう微笑ほほえむ。
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
どうしたのねえさん
森ミサキ
森ミサキ
ど、どうしたのそのかお!?
かお……?
モニター画面がめん反射はんしゃしてうつ自分じぶんかおる。

そこにたのはひどつかれたかおをしているぼくだった。
またねえさんを心配しんぱいさせてしまった。
いつものようにあかるく振舞ふるまおうとするが上手うま笑顔えがおつくれない。
ねえさんはそんなぼくきしめてくれる。
あぁ、あたたかい。
森ミサキ
森ミサキ
もうやめよう、まだうよ…
くろかったこころがもっとくろくなる。
こんなところまでねえさんはなにっているのだろう?からない、なにからない。
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
な、なん…
森ミサキ
森ミサキ
だって…!
かすれたこえ言葉ことばしぼす。
そんなぼくこえをかきすようなこえねえさんは。
森ミサキ
森ミサキ
ダメだよ…そんなつらそうなかおをして…
森ミサキ
森ミサキ
ってるよ、リンタロウが何度なんど何度なんどもこの復讐ふくしゅうをやめようとしたこと
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
うん……
森ミサキ
森ミサキ
わたしはあなたのくるしそうなかおているだけでつらいんだよ。
森ミサキ
森ミサキ
もうやめて…
リンタロウもわたしだれむくわれないの。
ってるよ、そんなこと…そんなことってるんだ……
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ってるよ…
森ミサキ
森ミサキ
え?
ちいさなこえぼくくびかしげるねえさん。
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
わかってんだよ…!
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
だかられてたくなかったんだ!
ねえさんはれたんだろあのを…
森ミサキ
森ミサキ
わ、わすれるわけないでしょ!?
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ぼくはやめない!
説教せっきょうなんてはないから!
森ミサキ
森ミサキ
ダメっ!ってリンタロウ!
とびらこうとするぼくつかねえさん。
あたまがのぼっている状況じょうきょうはなさんとはなしたらいまよりもっとひどことってしまうがして。
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
はなしてよ…
ねえさんのほうかず、はなすようにう。
でもねえさんはぼくはなそうとせず。
森ミサキ
森ミサキ
あのね、いてしいの…
真剣しんけんかおつきでぐとコチラをつめる。
こんなときにヤケになってる場合ばあいじゃない…か……。
森ミサキ
森ミサキ
もう時間じかんがないの、あと三時間さんじかんもしたらみんなきてきちゃうの。
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
そうだね
森ミサキ
森ミサキ
リンタロウはこのみちでいいの?
……………………。
ぼくは…………ぼくは………………。
森ミサキ
森ミサキ
みちはあるよ。
ねえさんは微笑ほほえんでくれる。


このままかえしていいのだろうか、
ぼくげたことになるんじゃないのか?

あたまなかがぐちゃぐちゃでしろになる。
心配しんぱいさせちゃいけないのに、なみだこぼれる。
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ぼ、ぼくは…
森ミサキ
森ミサキ
……
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
本当ほんとうは、やり…たくない…
森ミサキ
森ミサキ
うん、よくえたね…
ねえさんはなみだながぼくあたまれようとする。
しかし、ぼくはそのはらう。
ダメなんだ……ダメなんだよ…………。
森ミサキ
森ミサキ
ど…して……
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ここでげちゃダメなんだ!
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
僕達ぼくたちくるしんでいるあいだにアイツらはのうのうときていたんだぞ!?
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
普通ふつう日常にちじょうたりまえ毎日まいにち
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ぼくだって…ぼくだって……!
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
しあわせになれる権利けんりはあるはずなのに…
森ミサキ
森ミサキ
リンタロウ!
本当ほんとう気持きもちをつかれたのかちからなくたおれる。
ねえさんはにぎってくれる。
そのふるえていた。
森ミサキ
森ミサキ
そうだね…そうだよね、
今更いまさら後悔こうかいしてもおそいよね。
森ミサキ
森ミサキ
わたしはらくくらなくてどうするの!
森ミサキ
森ミサキ
あのひとたち、もしかしたらわってるかもしれないしね!
笑顔えがおでそういうねえさん。
ありえないのだろう、そんなことは……
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
そうだね…
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ッ……おぁっ!?
いきなりあたまをくしゃくしゃにされ困惑こんらんする。ねえさんにけるとはかげなかおぼくことつめていた。
森ミサキ
森ミサキ
そんなかおしてちゃダメよ!
森ミサキ
森ミサキ
リンタロウは笑顔えがお一番いちばんなんだから
ねえさんは両頬りょうほおゆび
にっ、と笑顔えがおつくってみせる。

本当ほんとうにかわいいひとだ。
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ありがと、
ねえさんのおかげで元気げんきでたよ
森ミサキ
森ミサキ
ホント!?よかったぁ…
またにへっとわらねえさん。
森ミサキ
森ミサキ
元気げんきなリンタロウがもどってきてくれてよかった!
森ミサキ
森ミサキ
それじゃあわたし全部ぜんぶ部屋へやにちゃんとかぎかってるかメリーとウルフにいてくるね!
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ありがとうね
そうってねえさんは部屋へやあとにする。
あとは、もういのるだけだ。
かれらがわっていることを。
だれなないおおかみゲームになることを。


…………。
ねぇ神様かみさま
いまつぐなってよ。
ぼくへの罪滅つみほろぼしはいつ?
せめて、せめて、せめて……。
このゲームが最悪さいあく結末けつまつにならないように。
だれもがむくわれる終止符しゅうしふを……………………


________ 外伝、終 ________

プリ小説オーディオドラマ