無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

恋敵はお姉さんだっ!負けねぇ…
そんなこんなで朝日が登る…



お姉さんが洞窟を見つけてそこでお姉さんは寝た…日差しも入って来ないから 良いみたいだ…

何で日差しが駄目なんだろう??

あなた

お姉さん何で、日差しが嫌なんだろう??

我妻善逸
我妻善逸
え…知らないの?
近くに居た 我妻くんが私の話しに入ってきた
あなた

知ってるの?

我妻善逸
我妻善逸
うん…鬼は日差しに当ると死んじゃうからね
灰になって。
あなた

へぇ〜…え!?嘘…そういう事だったんだ!?これから、気を付けよう…お姉さんとの
移動の時。

我妻善逸
我妻善逸
…(モジモジ
(あなたちゃんと二人きり…今なら、邪魔者が居ないからチャンス!✨)
我妻善逸
我妻善逸
ねぇ、あなたちゃん…
あなた

ふぁ〜…私も眠いからお姉さんと寝て来るね(ニコ
また、後で(^^)/

私が洞窟に入って行くと後ろから何か我妻くんの声が聞こえた…ま、いっか!

今はお姉さんと睡眠しよ…
我妻善逸
我妻善逸
何で、あなたちゃんの口からはお姉さんお姉さん…クッソー!!
真の恋敵はお姉さんだ(メラメラ
我妻善逸は恋敵のお姉さんに燃えていた。



その頃、お姉さんは
(鬼)お姉さん
プククッ…w(ぷるぷる
お姉さんも耳が良くて聞いていたみたいだ…
あなた

?お姉さん、起きてたんだァ…一緒に寝よ〜(ニコ

(鬼)お姉さん
…あう(ニコ、コクリ
私はお姉さんと寄り添いながら寝た…



(鬼)お姉さん
…✨✨(ニコ
二人して、寝た…。