無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

寝落ち
お姉さんと私は竈門くんが待ってる洞窟に辿り着いた。


お姉さんは相変わらず竈門くんを凝視中…

竈門くんはお姉さんに話し掛けてた…。


今、私は魚を焼いてた…お姉さんの謎の手品?で火を出して貰って魚が焦げない様に見張る。


バチッバチッ🔥))

あなた

…(ボッー
(魚のいい匂いがする…)

火が燃えてる所をジッと見つめてた。

焚き火がバチッと弾く所を観察する
(鬼)お姉さん
あなた〜(テッテッ
お姉さんが私の所まで駆け寄ってくる…私は岩に座ってたが立ってお姉さんに向き合う
あなた

どうしたの?お姉さん

(鬼)お姉さん
…(ニコ
あなた

?…ただ、来ただけ?(キョトン

(鬼)お姉さん
(コクリ
あなた

そっかァ、なら一緒に焚き火をみる?(ニコ

(鬼)お姉さん
あう!(ニコ
私とお姉さんは隣同士で岩の上に座って火を眺めてた


数分後…
あなた

ウトウト))

(鬼)お姉さん
…?
あなた

コテン))スゥ…

(鬼)お姉さん
??…あなた?
あなた

(。-ω-)zzz. . .

(鬼)お姉さん
…(ナデナデ
あなた

ん…(-_-)zzz

(鬼)お姉さん
…〜〜〜♪、〜♬〜〜〜〜♫
綺麗な歌声が静かに流れる











…………。






あなた

ん…んん?あ、いつの間にか寝てしまった。魚!?

私は焚き火をしてた所を見ると…魚がきれいに焼けてて葉っぱの上に綺麗に置かれていてしかも…美味そう。


焚き火は消えてて、隣に居たはずのお姉さんは居なかった。
あなた

…私が寝る度にお姉さんって居なくなるよね…何でだろ?

(鬼)お姉さん
ゔ〜…あなた(タッタッタッタッ
あなた

あ、お姉さん

あなた

外に出て何してたの?

(鬼)お姉さん
…?(コテン
あなた

…いや、可愛いから(即答

(鬼)お姉さん
あなた…あなた、(ピッ
あなた

お姉さんは洞窟の奥の竈門くんが居る場所を指差す…
あなた

竈門くんに何かあったの?

(鬼)お姉さん
(ふるふる
あなた

(鬼)お姉さん
…、(ピッ
次にお姉さんが指差したのは…焼き魚だった。
あなた

竈門くんがお腹空いたの??

(鬼)お姉さん
あぅ〜(ニコ
あなた

そっか、持って行って 皆で食べようか。(ニコ

焼き魚を持ってお姉さんと歩く…竈門くんが居る所まで。