無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ヤンキー??
私とお姉さんはカナヲちゃんに出会って急にお姉さんに刀を構えられたが、なんとかなった。


それから、私は花札少年を思い出して…水浴びをする事にした!


けど、夜だからなァ…暗くて見えにくいし…いつ襲われるかわからないもんね…朝に入ろ。


朝日が登る前にお姉さんが洞窟に戻った…私は一人川に行って魚を獲って水浴びを始めた。

あなた

〜♪やっぱ、冷たいけど…綺麗にするのって気持ちが良いよねェ(ニコ

バシャバシャッ))


ガサッサ))

茂みから、何か聴こえ振り返ると…!?
??
!?////
あなた

!?////

ヤンキー!?なんか鶏冠みたいな感じの髪型…やべぇ。


私がそのヤンキーくんの鶏冠を見つめてたら
??
!何見てんだよ!!////
あなた

え、鶏冠を観てた…。

??
そ、それより!服着ろよっ!!?///裸でこんな所に居るんじゃねぇ!!////
あなた

…あ、そう言えば、裸だった!!///(^^ゞなんか、ごめんね。

ヤンキーくんは他の景色を観てた私が着替え始めて待っててくれてた…いや、優男かよ。



見た目とその優しさがギャップって言うのかな??凄いわ〜。


あなた

良いよォ〜着替えたから(ニコ

??
!そうか///もう、こんな所で水浴びとかするなよ!!?
あっちら辺が少しは見えないと思うから…そこで、水浴びとかしろ。
あなた

………。

??
?どうした…?
あなた

あ…いや、なんか優しいんだなって思いまして。(ニコ

??
!…俺は優しくないからなっ!?!!///
あなた

ハイハイ(ニコ

??
チッ…お前、名前は何だ??
あなた

私?私はあなただよ(ニコ

??
あなたか…俺は不死川弦弥だ…。
あなた

不死川さんだね!

不死川弦弥
不死川弦弥
いや…下の名前で呼べ。
あなた

え…げ、弦弥くん?///なんか、下の名前で呼ぶのって恥ずいわ(照れ

不死川弦弥
不死川弦弥
フッ、さっきまで裸で居た癖にw
あなた

!!///、アレはっ!弦弥くんが茂みから出てきたからでしょ!!?

不死川弦弥
不死川弦弥
こんな所で、水浴びしてるなんて思わねぇだろ。
あなた

いや、まぁ…そうだろうけど。

不死川弦弥
不死川弦弥
ほらな、(ニコ
あなた

っ!!弦弥くん!君、笑ってる方が良いよ!カッコいい(ニコ

不死川弦弥
不死川弦弥
っ!!?うるせぇ!///もう、行くわ…またなあなた。
あなた

うん!またねェ👋

弦弥くんはゆっくりと離れて行く…


本当、見た目は怖いのに中身が良い奴なんて…やっぱ、見た目で判断しちゃ駄目だなァ。


また、会えると良いけど…。



私は獲った魚を持ってお姉さんが居る洞窟に戻った。