無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

金髪くんとの出会い。
夜…
(鬼)お姉さん
う〜…(ツンツン
あなた

ん…

(鬼)お姉さん
……?(コテン
鬼の少女はあなたのブレザーを掛けて夜の森を走る…


あなた

…ん〜?はっ!お姉さん!?あれ!?(バッ

私は周りを見るが何処にもお姉さんの影も姿も無かった…

私は飛び起きブレザーを着て走った


??
ギャーー!!!!助けてぇ!?!?こっち来んな!
あなた

!?

遠くから響く声が聞こえた…その時!?



ドサッ))


何かが降ってきた!?


私の上に落ちて来た
あなた

痛っ…なっ!?なに!?

私を下敷きにして小さい何かが動く
(鬼)お姉さん
!?あなた!…(ぴょん
あなた

お、お姉さん!?

お姉さんは私から下りて心配そうな顔をする


待ってぇ!!
(鬼)お姉さん
!!
お姉さんがその声に反応する…そして、小さいお姉さんが私を担ぎ上げて走り出す!?
あなた

えぇ!?ちょ、!

(鬼)お姉さん
タッタッタッタッ))
待ってぇ!!邪魔しやがって!!
お姉さんは私を担ぎ上げたまま木の上に飛んだ…


枝に身を潜め私を木の本体に抱き着かせお姉さんが私に向かって人差し指を立てて
(鬼)お姉さん
シィ〜…よ?
あなた

んフッ!
(可愛いッ!!!、)

(鬼)お姉さん
その後、鬼が下にきて私達を探してた
クソっ!あの金髪小僧を喰おうとしてたら邪魔しやがって!
同じ鬼の癖に…!
(鬼)お姉さん
鬼は何処かに行った
あなた

…お姉さ))(ムグッ

(鬼)お姉さん
シィ〜(ニコ
お姉さんが私の口を塞ぐ


どうやら、まだ近くに鬼が居るらしい…
(鬼)お姉さん
……
数分後…
(鬼)お姉さん
…イイ…よ?(トサッ
お姉さんが良いよと言う言葉を聞いて木の本体から手を離した

お姉さんは先に降りて 手を広げて私を受け止める気満々だった…いや、私今のお姉さんを潰しちゃうよ!?

お姉さん小さい女の子になってるんだから!
(鬼)お姉さん
??(クイクイ
あなた

お姉さん!私一人でも下りれるから!

お姉さんはクイクイと手招きするが…私が首を横に振ると お姉さんがジャンプして私の所まで来て


え?待って!これってお姫様抱っこ!!?

私をお姫様抱っこするお姉さん…やめっ!
(鬼)お姉さん
ぴょん、ストン))
あなた

お姉さん!急にそれはびっくりするから…!

(鬼)お姉さん
…?う〜??(コテン
あなた

グフ…ッ〜、そんな可愛い事してもユルサナイヨ〜?(ニコニコ

(鬼)お姉さん
キャキャ(ニコ
あなた

おっふ!

(鬼)お姉さん
それから、お姉さんは私をお姫様抱っこしたまま歩く



あなた

私、歩けるよ!?お姉さん、下ろして!

(鬼)お姉さん
(ニコ
やべぇ、大人な対応をされたよ…私。


それから、お姉さんはある所に辿り着いた?



そこにはうずくまってた金髪??変な子がブツブツと何かを呟いてた。


??
死ぬ死ぬ死ぬ(ブツブツ
お姉さんは私を下ろして、私の隣に来る
(鬼)お姉さん
…う(ビシッ
お姉さんは金髪の変な子に指をさす


あなた

…お姉さん、あれってお姉さんが鬼に追い掛けられてた理由?

(鬼)お姉さん
…♪(コクリ
あなた

助けたんだね、偉い偉い(ヨシヨシ

(鬼)お姉さん
う〜♪(ニコ
やば、お姉さんマジで可愛いんだけど♡



私は金髪の変な子に声を掛ける
あなた

ねェ、そこの金髪くん?もう、大丈夫だよ

??
(ビクッ
金髪の子の髪が揺れる 

ゆっくりと顔をあげて私達を見つめる


金髪くんの顔がボフッと顔が赤く染まる


なんか、モジモジした後
??
っ!俺と結婚してくれ!!(ぴょん
私に飛び付こうとする、金髪くん…。


え?


私が固まってたら、お姉さんが
(鬼)お姉さん
!!?(ダッ、ゲシッ
(鬼)お姉さん
フンッ!😤
お姉さんは金髪くんが私に抱きつく寸前で金髪くんを蹴り飛ばした…え…お姉さん強っ


??
痛い!!?あ!さっきの女の子!
(鬼)お姉さん
…(ギロッ
お姉さんが私に睨んでた目の何倍も怖い目つきで金髪くんを睨む。
??
ヒィ!、(ガクガク
あなた

お姉さん?(汗)

(鬼)お姉さん
ん??(ニコニコ
??
俺との態度がすんごい変わりようなんだけど!?!?
確かに…私が呼んだ途端表情が笑顔になって可愛いんだけど…。
(鬼)お姉さん
グルル…(ギロッ
お姉さんがまた金髪くんを睨む…
??
何でなの!?!?
あなた

お姉さんドゥドゥ(ナデナデ

(鬼)お姉さん
(*˘︶˘*).。.:*♡
??
ええ…
あなた

お姉さん…あの金髪くんは無害だから大丈夫よ、ね?(ニコ

??
(鬼)お姉さん
……ゔ〜
(鬼)お姉さん
うぅ(コクリ
渋々、了承してくれた様だ
あなた

良い子良い子(ヨシヨシ

(鬼)お姉さん
(*˘︶˘*).。.:*♡
あなた

ふふっ…

??
あ、あの!
あなた

ん?何?

??
君達は一体何者?
あなた

え?

??
その子、鬼だよね?
あなた

!!

??
音で分かるんだ、気持ち悪いと思うけど…
あなた

っ!…そんな事は無いっ!!

(鬼)お姉さん
!…。
??
!?
あなた

気持ち悪いなんて自分で言わないで…そんな悲しい事、言わないで…
自分に鎖を掛けてるのと同じだよ!自分の首を締めてるのと同じ…!

(鬼)お姉さん
………
??
!!君!(ガバッ
あなた

え!?

??
ごめん…少しこのままで
(この子、とても悲しい壊れそうな音がする…。)
(鬼)お姉さん
!…………
お姉さんは金髪くんが私に抱き着いても、少し離れて見守ってた


少しの間、抱き締められたが離れて
??
ごめんね!?急に抱き締めて!!///(あわあわ
あなた

え…ううん、なんか、少しだけ金髪くんのお陰で心が軽くなったよ(ニコ

??
///!!!それって、、両思i((
(鬼)お姉さん
うが!(バチンッ
お姉さんが一瞬で遠く離れてた所から此処に来て瞬殺で平手打ちをした金髪くんを…うわっ…
??
痛っ!!!?さっきから君は何なんだよっ!!!!!!?
(鬼)お姉さん
シャァーーーー!!、ガルル…
??
ぐぐ……君も可愛くて何も言えない!!!
あなた

お姉さん…?どうしたの??

(鬼)お姉さん
ん?…(ニコ
変わらんなァ…

??
ねぇ!君の名前は!?!?
あなた

私?あなただよ?こちらの美少女はお姉さん!まだ、名前教えて貰ってないんだ(苦笑い

(鬼)お姉さん
あなた!(ニコ
あなた

ん?何??お姉さん(ニコ

(鬼)お姉さん
んん…よ、だ…ダケ(ニコ
あなた

ずっキューン!!!))

(鬼)お姉さん
あう??
??
あなたちゃんかぁ〜♡♡♡(モジモジ
あなた

金髪くんは?

??
え?聞いちゃう!?聞いちゃうのぉ〜??(モジモジ
あなた

………お姉さん、行こっ(スタスタ

(鬼)お姉さん
うん!(テクテク
??
ちょっと!!、置いて行かないでー!!!!?(泣)
??
俺の名前…!善逸!我妻善逸!!だよ!!だから、置いて行かないで〜!!、(タッタッ
(鬼)お姉さん
ガウ!(ゲシッ
我妻くん?が私達に近づく…それを察知してお姉さんが蹴りをかます…
我妻善逸
我妻善逸
痛い!!お姉さん?!痛いから!!
(鬼)お姉さん
ガルル…
あなた

お姉さん蹴りは痛いよ、軽めでも痛そうよ?

我妻善逸
我妻善逸
本気に近いよね!?!?
(鬼)お姉さん
…(プイっ
我妻善逸
我妻善逸
!お姉さん聞いてる!?いくら、可愛い子でも俺は蹴られて
悦んだりしないよッ!?!?
あなた

お姉さん…謝った方が良いよ…?

(鬼)お姉さん
………ムム…(ガバッ
お姉さんが抱きついて来た…!可愛い〜


(鬼)お姉さん
…フフンッ(ニコ、ベェー←善逸に向かって
我妻善逸
我妻善逸
…!!
(はぁ!?お姉さんあっかんべーしてるんだけど!?反省
の色も無し!?しかも、あなたちゃんに抱きついて…羨まし!!!)
あなた

?どうしたの?お姉さん??

(鬼)お姉さん
ふふん…(ニコ
私から離れて笑顔を見せてるんだけど…尊い。