無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

740
2021/06/28

第22話

*告白 してみた。
*おひさしぶりです とつたえた。

*ひさびさに きてみたら リクエストがたくさんきていた。
ケツイがみなぎった。

*ということで リクエスト、ありがとうございます とつたえた。
*こんかいは 告白 してみた。 だ。
*ほかのリクエストは もうすこしおまちくださいと あたまをさげた。
サンズ 
サンズ
あー…ありがとな。
あれ?照れてる?サンズさん照れてます???((((ガスブラ
OKか否かはその場の状況次第ですが、殆どの場合OKしてくれます。
アルフィー
アルフィー
え?ほほほ、ホントに?
えへへ…嬉しい!
おっ、当たりはいい。
しかし、『でも、ごめんね』『私には…その……アンダインが、いるから…』
はい。そうですよね ( 号泣 )
メタトン
メタトン
ボクが好きなのは分かるけど…ボクは皆のアイドルだからさ。
ごめんね?子猫ちゃん。
*ふつうにイケメンでほれた。 ((((
優しく ( ? ) 断られた。でもイケメン((((
トリエル
トリエル
あらあら…そんなに私の事が好きなの?
ふふふ、嬉しいわ。
…絶対冗談だと思われてます、だって頭撫でながら普通に受け流したもん!!!!((((
何回もアタック!アタック!!!((((
アズリエル
アズリエル
えっ?
ほ、本当?嬉しいな…!!
僕もあなたの下の名前の事好きだよ!
えへへ、と少し照れながらOKくれる子。
可愛すぎてヤバいです ( 語彙力低下 )