無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

___

朝9:01

君に言った
정국
정국
あなた..大切な話があるんだ。
너
うん、?どうしたの?
君は綺麗な瞳で僕の目を見た。

見られると、吸い込まれそう。

頑張って声に出した
정국
정국
すき
君は1粒の透明の涙を流した
정국
정국
だ、大丈夫??
よろよろしながら椅子に座った君
____
너
嬉しい
君が言った
너
奇跡って起こるんだね◦◦
정국
정국
だね、
僕は君に会った瞬間君は僕の運命の人だと思った。





一緒にいて

つまらない時も

もう会えないかもって思った時も

あさの眠い日も

料理をしてる時も

頑張っている時も

遠くに居る時でも

嬉しい時でも



大好き
しか感じなかった。






俺たちは晴れて付き合うことになりました