無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🐰
ジョングクside


今日はあなたと一緒に、お出かけしに行く。
정국
정국
あぁ...やばい、緊張してきた。
今自分の部屋にいるんだけどね、もう服と髪型めっちゃ頑張らせてもらったよ。

でも流石にバレるのは迷惑になるから、シンプルかつふつーなカッコで行く
いつもの黒マスクを、白に変えて、口に少しかかるくらいで固定(?)伊達眼鏡を着けて、帽子をかぶる。
今くらいでいっか!!
少ししてから、あなたが来た
너
너
お待たせ!!
정국
정국
え、///可愛い((ボソッ
너
너
え?なに?
おっと声に出てしまっていたらしい。
今ふつーに顔赤い気しかしないから、すぐに目的地に向かう。


それから、お昼になって、ご飯を食べることにした。


すると、案の定
知らない人にナンパされているあなた、、、
너
너
えっと、あの...
めっちゃ困ってる。

ここは俺が行かなきゃだよね!!?
そう言って、頑張ってその人達の前にたって追い返してやった。
よかったァああ(泣)怖かったァ!!

あなたにいいところ見せなきゃだからこれは秘密だな…w
最後君が笑ったら、俺の心が一瞬であったまって、顔がりんごみたいになって、すごく焦ったんだから。