無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

終わったあの日
シルク達と仲直りしたあと
貴方
貴方
ねぇ
マサイ
マサイ
ん?
シルク
シルク
どした?
モトキ
モトキ
……
貴方
貴方
はい
マサイ
マサイ
ミサンガ?
貴方
貴方
そう!みんなで付けよ!
モトキ
モトキ
お願いしなきゃね!
シルク
シルク
(´ー`*)ウンウン
マサイ
マサイ
そうだな!
お願い中
貴方
貴方
ねぇねぇ
マサイ
マサイ
ん?
貴方
貴方
何頼んだ?
シルク
シルク
えー
モトキ
モトキ
俺はずっとこの4人で、居たいって
マサイ
マサイ
俺は……あなたと付き合いたい
貴方
貴方
なんだよそれ笑
シルク
シルク
マサイ冗談だよな?
モトキ
モトキ
違うよね?
マサイ
マサイ
本気だよ…あなたが俺の事好きって嘘でもいいから言ってくれた事めちゃくちゃ嬉しかったんだよ
シルク
シルク
だってよ
貴方
貴方
私だって…
貴方
貴方
マサイと付き合いたかったよ…でも、この関係が壊れたら、この4人で、遊ぶことも無くなるじゃんそれが私は、1番嫌だった
シルク
シルク
あなた……
マサイ
マサイ
ありがとう……
モトキ
モトキ
へ?
マサイ
マサイ
でも、俺行かなきゃ
貴方
貴方
マサi
起きた
モトキ
モトキ
なんだったんだろう