無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

199
2019/07/28

第5話

ピンポーン
愛羽紫乃
愛羽紫乃
おはよ
小花和怜央
小花和怜央
ん、おはよー
いくぞ
行きはほとんどはなさなかった



ある意味…



わかるか?



一つは話さない



もう一つは…



紫乃が俺のブレザーを離さない



ってこと…



可愛いっ!

けど…俺の理性が!











ってことを考えてるうちに学校に着いた



なんとか助かった!



って思ったけど席に座るまで離すことはなかった
小花和怜央
小花和怜央
ちょっ…紫乃、手!
愛羽紫乃
愛羽紫乃
ん…
小花和怜央
小花和怜央
いや、離せし!
愛羽紫乃
愛羽紫乃
……
小花和怜央
小花和怜央
まだ怖いのか?
愛羽紫乃
愛羽紫乃
コクッ
小花和怜央
小花和怜央
花宮!
花宮菜央
花宮菜央
なに??
小花和怜央
小花和怜央
こいつ見といてくれないか?
花宮菜央
花宮菜央
あぁ!((察し
花宮菜央
花宮菜央
任せとけ!
小花和怜央
小花和怜央
ありがと!




俺は急いで先生のところへ日誌を取りに行った
小花和怜央
小花和怜央
(あ"ー!!可愛すぎだっつーの!マジどうにかしてくれ!)




これはその時だけでなく移動教室のときもだった



もちろん帰りも……







これが毎日続くのか…



まあ、紫乃は怖いから掴んでるだけで俺に下心あるわけじゃないしな、



そう思ったら何だか気持ちが楽になった



明日からも頑張ろう



もちろん紫乃を振り向かせることも…