無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

215
2019/07/24

第3話

入学して2日目



さっそく紫乃はモテている
モブ
モブ
ねーね!どこの学校だったの?LIME交換しない?
モブ
モブ
今日暇?遊びに行かない?
誰に話しかけられても紫乃は無視している
花宮菜央
花宮菜央
ねー!今日私んち来ない?
愛羽紫乃
愛羽紫乃
いく!
唯一話すのがコイツ、花宮菜央だ



中学のとき紫乃と同じクラスだった奴だ



って見てる間俺も囲まれている
モブ
モブ
小花和くんって言うの?よかったら私と仲良くしない?
モブ
モブ
私も!
小花和怜央
小花和怜央
んー…いいよ
モブ
モブ
やった!
モブ
モブ
今日あいてる?
小花和怜央
小花和怜央
うん
モブ
モブ
じゃ、遊びに行こ!
しばらく考えたが
小花和怜央
小花和怜央
いいよ
断る理由もないからOKした



どうせ紫乃は花宮と遊ぶから追いかけられないしな







この判断が紫乃にとって最悪の事態を起こすこととなる