無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

第15話
次の日の朝だった。
岡田は、剛くんに恐る恐る問いかけていた。
岡田准一
ねぇ、剛くん・
剛くんは、朝食を食べている。
森田剛
モグモグ・・・ん?なんだよ、岡田
岡田准一
あの彼女・・のこと覚えてないの?
森田剛
しょうがないじゃん。桃かと別れてからのことが思い出せないんだ。何故か・・・
岡田准一
・・・・・(そこまで前じゃないのに・・・・)
森田剛
そ、れ、よ、り。
お前さぁー😒桃香を泣かせたら許せないから。覚悟しとけよ?
岡田准一
はい、わかってますって
三宅健
・・・ねぇ、涼子はどうすればいいと思う?
涼子
こういうときは、出会った時と同じことをさせるしかないわね・・
三宅健
えっ?例えば?
涼子
二人がどうやって出会ったとか、健は聞いてないの?
三宅健
あー、そういうことか・・・
涼子
うまくいけばいいけど・・・
三宅健
行くよきっと。クリスマスは終わっちゃうけど
神様は味方してくれるよ。
そしてこちらも・・
井ノ原快彦
・・・
るりの担当医師
るりちゃん、よく頑張ったわ。もう、大丈夫よ
井ノ原快彦
ホントですか?ありがとうございます!
るりの担当医師
生きたいという心が強かったのね。
井ノ原快彦
るり、よく頑張ったな
いのっちは、るりさんの手を握った。
坂本昌行
そっか。よかったな。
岡田准一
ふたりきりにしといてあげようよ。
坂本昌行
あれ?そういえば長野は?
剛の迎えを頼むつもりだったんだけど・・・・
岡田准一
さぁ?もしかしたら、気になる彼女の所のところかもな
坂本昌行
結局俺かよ
井ノ原快彦
あれ?坂本君に岡田・・・
岡田准一
るりさんの手術成功したんやて?よかったな
井ノ原快彦
ふたりともごめん。
坂本昌行
よかったな、井ノ原。
っていうかそんなの気にするなよ
そして…
雪村幸(さち)
あの・・・
坂本昌行
あれ?幸ちゃん・・・もしかして剛のお見舞いに来てくれたの?
雪村幸(さち)
・・・・すぐに退院するって聞いたんで・・・
坂本昌行
そうなんだよ。怪我は大したことなかったから。昨日の今日じゃちょっとというからもう1日ゆっくりするみたいだけど。
寄って行けば?起きてるし・・・
井ノ原快彦
??誰だ?
雪村幸(さち)
あの!これ・・・渡しといてください!😭
と花束を泣きながら渡され坂本くんはびっくり。
井ノ原快彦
えっ?泣く?泣かせた?
と、そばにいた井ノ原くんはびっくり!
あっそっか・・・
剛が彼女を覚えていないこと井ノ原くんは知らないから。
そもそも彼女が何者かも・・・・。
坂本昌行
待って!幸ちゃん!
井ノ原快彦
いや〜これただ事じゃないよね?
坂本昌行
剛!
ガラッと病室を開ける。
森田剛
なんだよ坂本くん!
看護婦と仲良さそうな剛君。
坂本昌行
・・・・💢
バサッと花束を置くと・・
森田剛
ちょっと!
坂本昌行
・・・・
黙っていってしまいました。
そして坂本くんは幸ちゃんを追いかけた。
彼女はまだ、病院を出たところだった。
坂本昌行
幸ちゃん、待って!
雪村幸(さち)
えっ?坂本さん・・・・?
坂本昌行
・・・・・
雪村幸(さち)
もう、いいんです。だって彼にとっては・・・彼から見たらわたしはただの一般人・・・・でも・・メンバーの皆さんは覚えていて・・・ぐすっ・・・
私のことだけ誰って・・言われたことがショックで・・・グスッ・・・
坂本昌行
・・・・
雪村幸(さち)
何言ってるんだろう・・わたし・・・
花束なんか持ってきて・・・迷惑ですよね・・・
坂本昌行
泣いていいよ。ここで思いっきり泣いておけばいい。君は、剛が好きなんだよね?
雪村幸(さち)
・・・・優しいですね・・・坂本さん
坂本昌行
君のことをなんだかほっておけないから・・・・
雪村幸(さち)
・・・・ありがとうございます・・・・
そう言って坂本くんは彼女のそばにいた。

そしてそれから三日後・・・花を見ながら坂本くんとの会話を振り返っていた。
森田剛
あのさぁー聞きたかったんだけど、この花は?
坂本昌行
それ、お前のファンが届けに来た。
ほら、あの子だよ、幸ちゃん
森田剛
あの女の子ね・・・幸っていうんだ
あの子は俺のただのファンじゃない?

すると・・・
坂本昌行
あはは!そうそう
雪村幸(さち)
・・・それで・・・
森田剛
えっ・・・
岡田准一
あれ?坂本くんなんであの子を連れてるんやろ
外を見ると、その幸って子と、坂本くんが仲よさげに話している。
岡田准一
あれ?剛くん?
なぜか病室からいなくなり・・・・
森田剛
あのさ、君さぁー
坂本昌行
あれ・・剛・・・
雪村幸(さち)
ドキン
森田剛
俺の彼女だったんだよね?
雪村幸(さち)
えっ?
坂本昌行
えっ?
森田剛
なんで坂本くんといるわけ?
雪村幸(さち)
私はまだあなたの彼女じゃ・・
森田剛
でもさぁ・・・
坂本昌行
やめろよ・・・彼女困ってるだろ?
何故か彼女をかばった坂本くん。
森田剛
雪村幸(さち)
私、帰ります
坂本昌行
荷物ありがとね
雪村幸(さち)
・・・・はい・・
岡田准一
・・・・剛くん・・・
剛くんが彼女の元へ一目散に行ったのを目の当たりにした岡田は・・・
森田剛
・・・岡田・・・
岡田准一
ホンマに彼女のことを覚えてへんの?
森田剛
なぁんだよ、俺の彼女じゃないのかよ。走ってきて損した
坂本昌行
お前が思い出してやればいいんだ。そうしなきゃ彼女が可愛そうだ
森田剛
やけに彼女のこと庇うよね。さっきも・・・。もしかして彼女のことを好きになったの?
坂本昌行
・・・・!
森田剛
それとも元カノと同じ名前だから・・・・
坂本昌行
.・・・・
岡田准一
ふ、ふたりともケンカはやめてや?
坂本昌行
お前には関係ないだろ?帰るわ
岡田准一
えっ?
森田剛
・・・・俺も・・・
と、そっぽを向く二人。
一体どうなるのだろう・・・