無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

第23話
さて、ここからはV6とそれぞれの彼女と一体いまはどう過ごしているのか覗いちゃいましょう!
V6
って言うか、吹き出し使えよ、作者ー(;¬_¬)(;¬_¬)(;¬_¬)(;¬_¬)(;¬_¬)(;¬_¬)
作者
ひゃはは!
では、スタート!!まずは、剛くん&幸さんカップルから!
森田剛
よぉ!幸
剛くんは、幸さんの仕事場に来た
雪村幸(さち)
えっ、ちょっと・・・
森田剛
いいじゃん。もうすぐバイトも終わるんだろ?
雪村幸(さち)
・・・そうですけど・・・
森田剛
じゃあ、外で待ってるから
と、颯爽と居なくなった。
幸の友達
V6の森田剛くんが彼氏だなんてやるじゃん、幸
雪村幸(さち)
・・・・・
幸の友達
もしも彼と結婚しても生活に困らないよねぇ、きっと
雪村幸(さち)
そうかな・・・・
結構苦労するかも・・・?
幸の友達
ちょっと、もう少し嬉しそうな顔しなさいよ。せっかく気持ち通じあったのに。あとさー、幸はデザイナーの資格あるんだし、いっその事・・・V6の衣装係とかやればいいのに・・・そうすれば、ずっと彼のそばにいられるよ?
雪村幸(さち)
うん・・・でもね・・わたし・・
幸さんは、自分の想いを友達に話した。
幸の友達
へぇー自分の店を開きたいわけねー
雪村幸(さち)
確かにずっと傍にいたいけど・・・甘えてばかりになりそうだから・・・
幸の友達
幸はえらいな!よし!応援してる!
雪村幸(さち)
ありがとう、里美。
あのね、私がかわれたのは彼が勇気をくれたからなの
幸の友達
何それ、惚気話?
雪村幸(さち)
里美だから話すんだよ?
幸の友達
ハイハイ。
と、
森田剛
・・・・・
堂本光一
あれ?剛(ごう)・・・誰かと待ち合わせか?
光一くん登場!!
あれ?君らって話すような仲なの?
森田剛
まぁねー
堂本光一
もしかしてーラブラブな人と待ち合わせですかぁー?
君ってそんなキャラだっけ?
森田剛
えっ、えーっとΣ( ̄□ ̄)!まぁ、そんなとこかな
堂本光一
へぇー。よかったやん(。-∀-)ニヤリじゃあなー
森田剛
あっじゃあ(よかったってなんだよ)
そして、
雪村幸(さち)
剛くん!お疲れ様!お待たせ
森田剛
おー、お疲れ様。行くか
雪村幸(さち)
うん
2人は手を繋いで歩き出した。

いまは一緒にいるだけでしあわせなの。



続いては、るりさん&いのっちカップル


井ノ原快彦
おはよう、るり
山根るり
おはよう、快彦!
るりさんは一時退院が認められた。
今日は、2人でお出かけをするみたいだ。
井ノ原快彦
るり、どこ行きたい?今日はどこでも連れて行ってやるよ
山根るり
本当にどこでもいいよ?快彦に任せるね
井ノ原快彦
よぉーし!それじゃあこの井ノ原に任せなさい
山根るり
ふふっ、頼りにしてます
2人は手を繋いで、写真を撮ったり、ベンチで休んだり久しぶりのデートを楽しんでいた。
井ノ原快彦
るりの体調が良さそうでよかった
山根るり
うん
あのクリスマスの日のことが嘘みたいだ。
井ノ原快彦
俺はもう二度とるりを悲しませたりはしない。約束する
そう約束した2人。
山根るり
ごめんね。快彦はもっと体を動かしたいよね。
井ノ原快彦
大丈夫、大丈夫!日頃から歌やダンスやって動いてるから!!
山根るり
ねぇ?見せて?
井ノ原快彦
よし、井ノ原快彦歌います!
🎶オーオーオー、さぁWAになっておどろう!ラララララ
山根るり
あはは!
井ノ原快彦
🎵🎶🎵🎵🎶🎶🎶🎶
彼女のことを守れるくらい強い男になりたいんだ。
そしてその夜
山根るり
快彦、ありがとう。今日は楽しかった
井ノ原快彦
俺もだよ。るりとずっといれたから元気出た
山根るり
私にも明日がある・・・快彦がいてくれるから生きたいって思ったんだよ?
井ノ原快彦
うん。るりが眠るまでそばにいるよ。だから、ゆっくりおやすみ
山根るり
うん、おやすみなさい・・・
そしてゆっくり眠る、るりさんを優しく見守る井ノ原くん。
・・・るりさんに輝く未来がありますように!!


続いては、長野くん&あかねさんカップル。
長野博
遅いよ、何してたんだよ
工藤あかね
なによ、しょうがないでしょう?
冒頭から喧嘩をしているふたり。長めに書いてあげましょう
長野博
な、なんだそれ!
工藤あかね
あっ!これ素敵
長野博
ったくいつまで迷う気?俺さ、明日も早いんだけど?
工藤あかね
いいじゃない、たまには
長野博
好きだよなぁ・・・・女の子ってこういうドレス・・・
文句を言いながらも付き合ってあげるなんてやっぱり優しいよ、長野くんは。
工藤あかね
今度ね、友達の結婚式があるから・・・
と、ドレスを選んでいる。
長野博
新調するんだ
工藤あかね
そう、まぁ、年齢が年齢だしね・・・
長野博
・・・・・
工藤あかね
あっ、これにしようかな。
どう?
長野博
うーん。どうせなら試着してみたら?
そして
工藤あかね
どうかな
長野博
・・・・馬子にも衣装・・・かな
出た毒舌Σ( ̄□ ̄!!
工藤あかね
ひどい・・・
長野博
あはは!うそうそ・・・・
工藤あかね
えっ?
長野博
あかねならなんでも似合うよ。
工藤あかね
ちょっと!そんなこと今まで言ってくれたことないくせに
長野博
・・・あれ?言っちゃダメだった?
工藤あかね
・・・・そんなことないけど・・・・
長野博
てれてるてれてる。ははっ、可愛いやつだな
工藤あかね
・・・・(からかわないでよ)
長野博
・・・・・・
彼は急な黙って彼女を見つめた。
長野博
そのうち着せてやるから覚悟しとけよ?
えっ?ほとんどプロポーズじゃん
工藤あかね
えっ(ドキン)
赤くなるあかねさん
長野博
あっ・・・
↑言ってから気づいた。
そして・・・
工藤あかね
・・・・・
長野博
・・・・・・
2人で真っ赤。
長野博
あはは!何言ってんだろ・・・
工藤あかね
・・・博・・
工藤あかね
(でも今はその言葉だけでも嬉しい・・・)
ずっとそばに居ることが私の幸せだから。
長野博
・・・・・
長野くんはそっとあかねさんの手を繋いだ。
長野博
あかね、俺から離れるなよ?
工藤あかね
博・・・
長野博
絶対幸せにするから
工藤あかね
あははは
長野博
いや、笑わなくてもいいだろ?笑うとこじゃないだろ?
工藤あかね
あなたの相手は私しかいないでしょう?
それに、私のあなたの相手もあなたしかいないわ。幸せにしてくれなきゃ承知しないわよ?
長野博
あはは!すっげー自信
それくらい好きなの・・・・
2人は仲良くあるいていった。

健くん&涼子さん


カララン
あるお店に健くんが入ると・・・
涼子
遅いよ、健!いつまで待たせるの?
そこには、涼子ちゃんがいた。
待ち合わせをしていたみたいだ。
三宅健
なんだよ、しょうがないだろ?撮影ながびいたんだから
と、つんつんしている健くん。
涼子
はいはい。健はいつもそうだよねー
三宅健
えっ?何が?何がいつも?
涼子
でも、私以外には奥手だったよねー確か
三宅健
はぁ?何言ってんの?昔の話でしょう?何を今更・・・
涼子
ふふっ、まだ何も言ってないけど・・・例えば・・・高校の時に好きになった子いるよねー
三宅健
えっ
涼子
なかなかその女の子に告白できないでいて・・・
三宅健
ち、違うよ😥
夏美
あっ!健くんと涼子じゃない。久しぶり
噂をすればなんとかだ
三宅健
な、夏美ちゃん?
涼子
えっ?夏美?
そうそこに居たのは・・まさに今話してた、高校の時に好きになった女の子。
夏美
なに?2人やっと付き合ったとか?
三宅健
えっ?えーっと、その・・・
恥ずかしくてちゃんと言えないでいると・・・
涼子
ふーん(あなたのそういうところは相変わらず変わらないわね)
夏美
どうしたの?
三宅健
な、夏美ちゃんは今誰かと待ち合わせ?
とか聞いてみたり・・・(だって気まずいんだもん)
夏美
うん、実はそうなの
と、にっこり笑う夏美ちゃん。でも、涼子は・・・
涼子
わかったわよ、2人きりにしてあげるわよ
三宅健
えっ?涼子?何言ってるの?
涼子
せっかく再会したわけだし・・・ゆっくり話せばいいじゃない
夏美
涼子?
涼子
じゃあ、ごゆっくりー
涼子は店を出ていってしまった。
三宅健
まてよ!涼子!
追いかけたけどもう近くにいなかった。
夏美
ねぇ?健くん・・・涼子誤解してるよね、私たちのこと・・・ずっと・・
三宅健
うん、実はそうなんだよねぇ・・・
夏美
いま、喧嘩とかしてたわけじゃないよね?
三宅健
だってあいつ、急に高校の時の話を持ち出すからさ・・・
夏美
ふふっわかるわよ。健くん変わらないもん
高校生のときの健くん&夏美さん
夏美
ねぇ?健くんってさ、涼子のこと好きでしょう?
三宅健
(図星)あっいや、それはその・・・
夏美
ふふっ
2人仲良く話す姿を涼子は遠くから見ている。そんな頃が懐かしかった。
夏美
いいなぁー、2人は幼なじみだもんね
三宅健
夏美ちゃんこそさ上手くいったんだよね?例の人と
夏美
半分は健くんのおかげだから。ありがとう
三宅健
あはは!俺は何もしてないよ?
じゃあまた、
夏美
うん。仲直りしてね?ちゃんと誤解解いてね?
三宅健
任せといて!
と、俺は再び店を出て、涼子を探しに行った。何となくどこにいるか検討ついてるから。
涼子
・・・・・
三宅健
(やっぱり居た)涼子!
涼子
えっうそ・・・なんで?
三宅健
やっぱり、涼子のそういうところ変わんないなぁ
涼子
はぁ?何言ってるの?
三宅健
涼子ってさ人の話、半分しか聞かないよな・・最後まで聞いてよ
涼子
聞くことないでしょ?
三宅健
やっぱり、聞かない気でいるし
涼子
で?なに?
三宅健
簡単に言うと、俺は高校の時から涼子が好きだけど?
涼子
えっ?
三宅健
いや、彼女にバレちゃったんだ。俺が涼子を好きだって言うこと・・・・
夏美
羨ましいな。、私なんて未だに気持ちを伝えられないの
三宅健
・・
夏美
好きな人の前では何も話せなくなるのは私の方だった
というのが彼女と話した会話。
三宅健
それぞれ好きの形は違うよねっとか・・・・
なんだろう・・・お互い相談に乗ってくうちによく話すようになって・・・
あっでも、周りもそうだけど、特にお前が・・・涼子が無理やり俺と夏美ちゃんをくっつけようとするからさぁー
誤解解くほうが大変だったんだからな!
涼子
・・・・ごめんね・・・
三宅健
ずっと意思表示してたつもりでいたんだ。でもさ、もういいや・・・
涼子
えっ?
三宅健
やっぱり気持ちって言葉で伝えなきなダメだなぁーって最近思うようになったから
涼子
・・・・
三宅健
涼子二彼氏が出来た時本当にショックだったし、頭にもきたし、嫉妬もした。なんで俺じゃないんだろうって。
涼子
健・・・
三宅健
でも諦めないでよかった
涼子
ふふっ
涼子
KinKiKidsさんの歌の歌詞みたいだね
三宅健
えっ?
涼子
🎶愛が苦しみだともし教えられても僕は迷わずに君を選んだだろう🎶
ByAnniversary
三宅健
KinKiKidsの歌で例えないでよ。俺、V6だから
涼子
わかってるよ。ただね、恋のうたと言えばKinKiKidsかなって
三宅健
(。´-д-)そうですよねー
↑羨ましいのか
三宅健
まぁ、でもそれわかるから、採用
涼子
あはは!何それ!
健くんは長めに書きました(笑)
涼子
もっと愛し合おうね!
三宅健
うん!
2人は無事、仲直りしたのでした。