無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第5話
俺、森田剛はある場所に来た。
案の定あの子がいた。
そしてこちらに気づいた。
森田剛
・・・・やっぱりここに来た
雪村幸(さち)
剛くん・・・
あの、プレゼント知りませんか?
と、近づいてきた
森田剛
やっぱりな・・・落とすの君しかいないから。はい、これだろ?
そう言って渡す。
雪村幸(さち)
そうです!良かった・・・あって・・・
武志
幸!
なぜか男がいる。
こいつは・・・
雪村幸(さち)
あっ、武志君、あったよ
武志
どういうつもりだよ。いくらお前が俺のことを好きだからって、俺が彼女に渡そうとしたプレゼントを隠すなんて
雪村幸(さち)
えっ?隠す?
武志
しかも他の男に渡していたなんて・·・・
雪村幸(さち)
わたしそんなつもりじゃ
森田剛
そうだよ。俺は渡しただけじゃん。っていうか預かってただけで・・・・
武志
ふざけるなよ!お前のせいで散々だったんだからな!
プレゼントは落とすし、パーティには遅れるし・・・
雪村幸(さち)
・・・・そんな言い方・・・
探しに来たのに・・・・
森田剛
あんたこそいい加減にしろよな
武志
なんだよお前・・・
森田剛
V6の森田剛だけど?
雪村幸(さち)
剛君・・・・
森田剛
彼女と俺がぶつかっちゃって・・・そのせいで彼女、落としたプレゼントに気が付かなくて・・・追いかけようとしたら間に合わなくて・・・でも連絡先知らないから預かってて・・・・
ここに来たら会えるかもしれないと思って来てみたら会えたから渡しただけだ。それのどこがいけねぇんだよ
雪村幸(さち)
・・・・・
森田剛
彼女は悪くねぇよ。それに、プレゼントを盗むようなこと何もしてねぇよ
武志
へぇ?庇うってことは・・・あんた、幸のことが好きなんだ?
森田剛
・・・・・
雪村幸(さち)
・・・・・(そんなわけない…でしょ!)
森田剛
好きだよ
雪村幸(さち)
えっ・・・・
衝撃的な発言だった。
武志
へぇ、良かったじゃん。彼氏ができて
じゃあなぁー!
もう二度と来んなよー
って言うか会わないからなぁー
と行ってしまった。
森田剛
ムカつくやつ
雪村幸(さち)
あの・・・・同情ですか?
森田剛
えっ?
いや、まさか・・・
雪村幸(さち)
助けていただいてありがとうございます。
森田剛
あっ、待って・・・
と、剛くんは、幸さんの手首を掴み・・・
雪村幸(さち)
なんにも取り柄のない私を・・・同情で好きだなんて言わないでください!
もう、会わないですから!さようなら!
と、手首を離し、本当に行ってしまった。
森田剛
・・・・・・
俺も、あんなこと口走るなんて・・・・
雪村幸(さち)
・・・・・・・
二人の恋はどうなるのでしょうか?
岡田准一
あと3日やな
桃香
うん!そうだね~
キレイ・・・
二人は仲良くイルミネーションを見ていた。
そこへたまたま剛くんが通りかかり・・
森田剛
あっ・・・
岡田准一
あれ?剛くん・・・何やってんの?
桃香
・・・・
森田剛
別に?
じゃ!
と、顔も見ずに行きかけて・・・
桃香
あの!剛くん・・
森田剛
・・・・・なに?
桃香
ありがとう・・・
森田剛
ど、どういたしまして・・・
と、笑ってみせた。

いやー、絶対引きつってるわ・・・。
まだ、二人のことを平気で見れないや・・・

あの子の言うとおり・・・・。

森田剛
でも・・・いつかきっと・・・
イルミネーションを見上げて・・・・
雪村幸(さち)
いつかきっと平気でいられる日が来ると信じてるんですけどね
あの子そう呟いてた。
俺にもいつかきっと来るよな?