無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

第17話
剛は意を決して、坂本くんに話しかけた。
森田剛
坂本くん!
坂本昌行
ん?どうした、剛
井ノ原快彦
あれ?あの二人喧嘩してなかった?
岡田准一
・・・・喧嘩するほど仲がいい・・・でしょ?メンバー同士やしな
森田剛
彼女のことを教えてくれないか?
坂本昌行
いや、なんで俺が・・・
森田剛
気になるから・・・
坂本昌行
そんなの自分で考えろよ
森田剛
だって坂本くん、あの子と付き合うんでしょう?
坂本昌行
はぁ?
森田剛
何その反応・・・・
長野博
どういうこと・・
三宅健
作戦実行する前に展開がおかしくない?
坂本昌行
彼女がそういったのか?
森田剛
そうだよ・・・だから、負けたくなくて・・・・
雪村幸(さち)
・・・・
坂本昌行
・・・・(なるほどね)
坂本くんは、幸さんの方をチラリと見ながら・・・
森田剛
ちょっと、坂本くん・・・話聞いてるの?
坂本昌行
彼女に直接聞いて見れば?
森田剛
えっ?
坂本昌行
俺実は、ふられたんだよねぇ・・・お前のせいで・・
森田剛
えっ・・・俺のせいって・・・
坂本昌行
まぁ?お前が思い出してくれたら問題ないんだけどな
森田剛
な、なにそれ・・・
監督
はぁーい、本番です!
雪村幸(さち)
・・・
坂本昌行
ほら、行けよ。彼女、今日は外回り行くんだってさ
↑なぜ知ってる
森田剛
・・・・わかった・・・
と、幸さんに近づき・・・
森田剛
こんな荷物普通、女子が持つかな・・・
雪村幸(さち)
えっ?剛くん・・・どうして?
森田剛
・・・まぁ、偶然?
雪村幸(さち)
そう・・・ですか・・
彼女はメガネをかけている。
あれ?メガネかけていたっけ?
森田剛
あれ?メガネにしたんだ。
雪村幸(さち)
ち、違うの。コンタクト落としちゃって・・・
森田剛
ねぇ?デートしようよ
雪村幸(さち)
ダメです、!これから別の現場に行くので・・・
森田剛
いいじゃん。
雪村幸(さち)
ダメです。では・・
森田剛
冷たいなぁ・・・
と見送ると・・
雪村幸(さち)
きゃあ
彼女は転んだみたいだ。
森田剛
あの!大丈夫?
すぐさま駆け寄ると・・・
雪村幸(さち)
あはは、大丈夫です。つまづいただけなので・・・
でも、荷物は散乱している。
雪村幸(さち)
ドジだな・・・わたし・・・相変わらず・・・
森田剛
拾うの手伝うよ・・・
と、剛は荷物を拾うのを手伝った。
雪村幸(さち)
ごめんなさい。また、迷惑かけて・・・
森田剛
えっ?また・・・?
二人はしばらく見つめ合う形になり・・・
森田剛
・・・・
雪村幸(さち)
ありがとうございます。じゃあ・・・
と行こうとした幸さんに・・
森田剛
待って!
これと同じことが前にもあったような・・・
雪村幸(さち)
あの、急ぐのでごめんなさい
森田剛
・・・・
そう言って彼女は行ってしまった。
坂本昌行
なんかわかったか?剛・・・
森田剛
えっ?その声は・・・
後ろにいたのは坂本くん。
森田剛
坂本くんいたの?
坂本昌行
まぁね・・・ずっと二人のこと見てたよ。いまのでなにか思い出したんじゃないか?
森田剛
わからないんだ・・・前にも同じことがあったような気がする・・・
坂本昌行
・・・そう・・・(きがするんじゃなくてあったんだけどな)
森田剛
それより坂本くん・・・いや・・・彼女は、俺に嘘をついたんだ
坂本昌行
えっ?嘘?
森田剛
彼女が俺を避けるのって、俺が彼女を忘れているせいだろ?彼女は俺のことを・・・
坂本昌行
あーあ、面白くねぇんだよな
森田剛
・・・・
坂本昌行
なんでお前がいいんだろうな・・・すぐ怒るし、小さいし・・・変なとこでカッコつけるし・・・
森田剛
あのねぇ・・・
坂本昌行
まさか元カノの婚約相手の妹だなんて、聞いてねぇっつーの
森田剛
・・・・・
こんな会話をしていたそうだ。
雪村幸(さち)
私のことを好きになったら、きっと後悔しますよ・・
坂本昌行
って言われちまったし・・
森田剛
えっ?なに?
坂本昌行
いや、こっちのこと。それよりさ、早くあの子を思い出してやれよ
森田剛
いや、早くって言われてもなぁ・・・・
坂本昌行
じゃあさ、もう一度あの日と同じ道歩いてみろよ。そしたら何か分かるかもしれないぜ?
森田剛
あの日と同じ道ねぇ・・・・
六本木ヒルズの近くの公園・・・か
森田剛
そっけ、クリスマス終わってるからツリーなんてないよな
でも、もう一度・・・行ってみるしかねぇよな
そして・・・坂本くんは、仕事を終えた幸さんに何かを渡していた。
雪村幸(さち)
あの?・・これは・・・
坂本昌行
頼む!そこで待ってる人に渡して!
と、なにやら頼んだみたいで?
雪村幸(さち)
・・・・はい・・
幸さんは何も疑わず坂本くんの要望に答えている。
真面目な子だなぁー
坂本昌行
それと、きみはやっぱりコンタクトの方がいいよ
その方が可愛い
雪村幸(さち)
ふふっありがとうございます
しばらくした後・・・
森田剛
・・・・・・
剛はなぜかブラブラ歩いていた。
雪村幸(さち)
いらっしゃい!
森田剛
えっ?あの子の家?
俺なんでこんなところに・・・
・・・こんにちは
雪村幸(さち)
婚約おめでとうございます!
幸ちゃん、あの時の子は?
雪村幸(さち)
えっ?
森田剛
・・・!
幸ちゃん、あの時の彼が好きなのかなって・・・違う?
雪村幸(さち)
・・・はい、好きなのかもしれません・・
森田剛
・・・・・
かもしれないってなんだよ!
剛はその場を走り去った。
雪村幸(さち)
わたし、これから行かなきゃならないところあって・・・
そうなの・・・じゃあ、失礼するわ。またね?
雪村幸(さち)
はい・・・
そんなやり取りがあるとは知らず・・・
ピリリリリ
剛の電話に掛けてきた相手は・・・
森田剛
もしもし?
坂本昌行
剛か?
森田剛
えっ?坂本くん・・
坂本昌行
今日の夕方6時、六本木ヒルズの公園に行け!
森田剛
えっ?なんでだよ。
坂本昌行
いいから!あの子のことをきっと思い出せるはずだから
森田剛
・・・いや?もう遅いかもな・・・・
坂本昌行
そんなことねぇよ!いいから行けよ
森田剛
・・・・・・
なんだよ急に熱くなっちゃって・・・

今俺は言われた通りの場所にいる。
↑結局来たらしい
森田剛
相変わらずカップルばっかり・・・・
俺は、思い出しながら歩いていた。
あの日・・・俺が桃香を諦められたきっかけは・・・・

雪村幸(さち)
いつか2人を平気で見られる日がきっと来ますよね・・・
わたしはそう信じてます・・・
森田剛
・・・・
誰かが言ったその言葉だった。
あの日俺は、桃香を岡田に渡したあと・・・
雪村幸(さち)
坂本さん、わたし・・・
その頃坂本くんは、幸さんにも電話をしていた。
坂本昌行
剛は君のことを思い出しかけているよ
だから、君たちは
雪村幸(さち)
・・・・・
坂本昌行
君たちは離れちゃダメだ!
幸さんは約束の場所に着いたが・・
どん!
誰かとぶつかった。
森田剛
うわっ
雪村幸(さち)
きゃあ
あの時とおなじ?
森田剛
イテテ・・・あの!大丈夫?
雪村幸(さち)
ごめんなさい、私こそ、ボーッとしていて・・・
森田剛
いや、俺はだいじょ・・・
と二人は顔を見合わせると・・・
雪村幸(さち)
剛くん!
森田剛
幸・・・
と、同時に言う。
森田剛
って言うかなんでここに幸がいるんだよ
雪村幸(さち)
えっ?なんでって言われても・・・
今名前・・
思い出したの?
森田剛
って言うか・・・なんだっけ?
子供助けたあと・・・
雪村幸(さち)
子供を助けてケガして入院したの
森田剛
あっ!そうそう・・・
雪村幸(さち)
ちなみに私の事だけ忘れていたんですよ
森田剛
・・・えっ・・・Σ(゚д゚;)マジ?
雪村幸(さち)
思い出しましたか?
森田剛
君は幸だろ?何言ってんの?
雪村幸(さち)
・・・・・・
森田剛
幸・・・俺さ・・・
雪村幸(さち)
別に?忘れられたままでもいいんですけど・・・・
幸さんは、剛に背を向けて言う。
森田剛
な、なんだよ。思い出したんだからいいだろ?
雪村幸(さち)
・・・馬鹿っ!!
そう言って走っていってしまった!
森田剛
幸!待てよ!!
雪村幸(さち)
あなたの気持ちが見えないの・・・・
森田剛
なんだよ、せっかく会えたのに・・・
雪村幸(さち)
思い出してくれたのに・・・・ごめんね、剛くん・・・・
果たして2人の恋の行方は・・・