無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

森の中で、私は君と
1話. 引っ越し


私、月森 奏。昨日自然に囲まれたこの街に引っ越してきた。

「私...やっていけるかな?」

家の前で私はボソリと呟いた。
目の前には木で出来た二階建ての一軒家が建っている。丸い窓が印象的なこの家。
改めて、今までとは違う所なんだと感じさせられた。

この街で、これから生きていくんだ。


私は自分の部屋に戻ると、ドサッとベッドに倒れこんだ。

「はぁ」

両親の転勤でこっちにきたのだが、私はあまり乗り気じゃなかった。大好きな友達と分かれるなんてたまったもんじゃない。
...最悪だ。
ここにきてからずっとこの言葉が頭で繰り返される。本当に、もうやだよぉ...。

前は楽しくて、明るかった世界が今では暗く見える。

「うぅ...」

溢れる涙をゴシゴシと拭う。
ここにきてから最悪しかない。



両親が仕事から帰ってくると私は作っておいたカレーをテーブルに並べた。両親は仕事で大変なのに、いつも笑顔。
私はそんな両親を悲しませたくなかったため、出来るだけ笑顔を作った。

「わぁ...!奏がカレー作ってくれたの?
ありがとう!」

母が嬉しそうに笑った。

「いつも遅くてごめんな」

父が申し訳なさそうに言う。

でも、私はこの時間が嫌いじゃない。
むしろ、この時間が好き。
母と父の笑う顔をみると嬉しい気持ちになるんだ。


家族3人でカレーを食べる。
おいしい...。
最悪な気分が少しだけ晴れたような気がした。


この時から、私の物語が動き始めていたとも知らずに....