無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

59
2021/08/23

第2話

君の正体
家に帰って私はすぐさま自分の部屋へと駆け込む
流石に早いかな…
そう思いながら君にメールを打った
凪
さっきは傘、貸してくれてありがとう!
凪
今更だけど名前教えて貰ってもいいかな?
私の名前はなぎだよ!
ドキドキしながら君の返信を待つと君から返信が帰ってきた
蒼空
蒼空
どういたしまして!
そういえば名前言ってなかったね(笑)
蒼空
蒼空
僕の名前は蒼空そらだよ!
凪
じゃあそらくんって呼んでいい?
蒼空
蒼空
いいよ!
こっちは凪って呼んでいい?
凪
いいよ!
それからしばらく君とメールをしていたんだけど
君は突然言ったんだ
蒼空
蒼空
そういえば凪に言わないといけないことがあるんだ
凪
え?なに?
蒼空
蒼空
僕、幽霊なん死んでるん
凪
え?
蒼空
蒼空
本当なんだ
凪
え?でも、今メールしてるのに?
蒼空
蒼空
僕は凄くこの世に未練があって普通の人と同じように食べれるしこうしてメールもできる
蒼空
蒼空
ただ、痛みなんかが感じないんだ
凪
そうなんだ…
蒼空
蒼空
嫌だったらもう僕に関わらなくていいよ
凪
それはいや!
凪
私、もっとそらくんと話したい!たとえ君が幽霊でも、この気持ちは変わらないよ!
蒼空
蒼空
凪…ありがとう
蒼空
蒼空
明日、また会おう?
凪
うん!約束ね!
私はこの時に君のことが好きなんだって自覚した