無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

🔪🔪26話🔪🔪

…殺される…











玲央 said 私はそう思い目を閉じた。…すると私の手を取り唇が触れた。

それと同時に生温かい液体が顏にかかった。目を開けると…

如恵留は私の手を握って自分の首を掻っ切っていた。











《玲央》 …如恵留?……どうして…










《如恵留》…ゴホッ…理由?…ゴホッゴホッ…お前に…狩られたか…った…











目黒 said 盗聴していて部屋の様子が変わった。俺は心配になりいざというために

佐久間くんには車の中で待機してもらい、俺は玲央のアジトへ向かった。

中に入ると…血飛沫を浴びた血塗れの玲央の姿があった。










《目黒》 おい…【体を揺さぶり】おいっ!狩ったのか。やったんか??











《玲央》 …私じゃない!【目黒を見て】私じゃないっ!!私じゃっ…!!











《目黒》 【玲央を抱きしめ】…わかった。とにかく出よう。行くぞ。

…これを頭から被れ。










目黒 said 俺は着ていたジャケットを玲央に被せ抱き抱えてアジトを後にした。

そして車に乗せて急いでその場を離れた