無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

🔪🔪25話🔪🔪

玲央 said 私は、如恵留をアジトに呼び出した。

理由は親の仇を取るため…右足にナイフは忍ばせてある。

親と同じ風に狩るためにナイフにした。 如恵留が現れた。










《如恵留》 お前から連絡するなんてどういう風の吹き回し?

てか、何事?










《玲央》 あんたに1つ聞きたいことがある。

…私の…私の両親を殺し…。










《如恵留》 …俺だよ。お前の親殺したのは俺。

約15年バレなかったのになぁ〜。やっぱ『SnowMan』か…

ハッカーの阿部ちゃん…やっぱ凄いわ。











《玲央》 なんで?…なんで!?なんで殺した!!










《如恵留》 …なんでって…う〜ん。殺してみたかった?みたいな?

…ただ、それだけ。

人を殺すとどうなるんだろう…って…実験的な??










《玲央》 …許さない…。 私は…あんたを…お前を絶対に許さないっ!!











玲央 said 私はそう言って右足からナイフを取った。…しかし狩ることが出来ない。

それと同時に阿部さんのあの言葉を思い出した。



『見てどうするの?』『狩るの?』『出来る??』



…こういう事か…すると私は如恵留にマウントをとられていた。










《如恵留》 ターゲットを前にしてボォ〜っと考え事してんじゃねぇ。

相手がどんな奴でも狩りが出来なきゃ【暗殺屋】失格だ。

…玲央…チェックメイトだ。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



連投終了っす。

明日から通常運転します。

以上『めめもも』でした。