無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

💜💜番外ふっか編💜💜

nosaid 玲央は部屋に戻って…











《康二》 しょっぴー、あまり思い出したくない事聞いたらあかんで。

めめがおったら怒られるで。











《翔太》 でも、玲央みたいな『暗殺者』があと1人は確実に

いるんだぜ? マジでヤバいよ。










nosaid すると、目黒から連絡が来て「七五三掛が来ている」とのこと。










《阿部》 あっ。しめちゃん来た?アジトに案内して…

(数分後) しめちゃん。久しぶり…今何してんの?









《七五三掛》 いま、「探偵」してますよ。残りのメンバーで…でさっきの話なんですけど。









《阿部》 あ〜…仕事の件でしよ?

樹達が拒否したからね…こっちに回ってきた。なんか知ってるの?










《七五三掛》 お姫様は? 《阿部》部屋にいるよ。

…そう…ちょっと阿部ちゃんと2人だけで話がしたいんだけど…










《阿部》 …わかった。

じゃあ、俺の部屋に行こうか。










nosaid 七五三掛と阿部は部屋に行った。