無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

🔫13話ー康二、ラウール said
 
康二 said 俺がSnow Manに入った理由…?

そんなん簡単や。誘われたんや、ふっかさんに…『仲間にならないか?』…て

俺は関西では有名な詐欺師やった。たまたま、東京に来た時誘われたんや。

『Snow Manに入ってくれ』ってな。その言葉一言でOKしたで。

関東一の暗殺屋の一員になるんやで。俺の腕の見せ所やん。当たり前や。

そんな理由。(ちなみに彼は詐欺師ですよ。わすれないでね。)









ラウール said 僕がSnow Manに入った理由。実はね、僕学校でいじめられていて…

もう生きてるのがしんどくて…死のうとしてたの。

言葉悪いけど、死ぬ気満々だった。何処で死のうかとうろついていたら…声掛けられた。

岩本くんに…そして、

『俺らと一緒に来ないか。死ぬんだったら俺らの所に来てもう一度人生を作れ』って

その時、僕思いっきり泣いちゃって…。嬉しかったんだ。きっと待ってたのかも…。

それから、僕は死んだ事になって、髪の色も変えて『ラウール』として生きている。

ホントの名前?…そんなの忘れた。…てか思い出したくないんだ。だから、秘密。