無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

💗💗34話💗💗
はい。『作者』です。💗付いてますが🔞ではありません。

この本編では🔞はありません。あと、1話で本編は終了します。

では…本編へ…Let's go!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《目黒》 おいっ!! あんま騒ぐとまた熱上がるから

大人しくしてろっ!!【そう言って無雑作にベッドに寝かす】










《玲央》 【毛布を被りながら】 目黒って私にはめっちゃ冷たいよね。

なんでなん?










《目黒》 初めて会っていきなり銃を向けるヤツに優しくは出来ん!
【と、偉そうに言う】










《玲央》 …! はぁ〜っ!!そう言うあんただって

私に銃向けてたじゃん!…お互い様だよ。【といって反対側に寝返りをうつ】










目黒said いじけて反対側を向いた玲央を可愛らしい…愛しいと思い

俺は後ろから抱きしめた。










《目黒》 玲央…お前はそのまま変わるなよ。…

俺がお前のツラい物を背負ってやる…だから、変わらず俺の隣にいてくれ。











nosaid はい。玲央さん照れてます。バックハグされていますから…

顔は見えてませんが、ガッツリ照れてます…はい。(byふっか)










《玲央》……あんたってさぁ〜…そっち系(ロリ系)だったの?

未成年の女の子JKって言うんだっけ?口説いて…。










《目黒》 …!(照)おまっ!! こっちは真剣に言ってんのに…!











nosaid すると玲央は笑顔で目黒に抱きついた。











《玲央》 うそうそ…ありがとね。変わんないから…。あんたがいてくれれば。

あんた…蓮がいてくれれば私は…変わんないよ。

だから…蓮…あんたも変わんないで。

そして、私はずっとあんたの隣にいてあげる…パートナーとして…











《目黒》 だったら…夜の方のパートナーも…って事?











《玲央》 ……お前…今この場で『狩る』ぞ…











《目黒》 それは、勘弁して…。でも、いつかは頼むよ。










nosaid そう言って顔を見合わせてキス…かと思いきや…











《ふっか》 めめと玲央…今日仕事あるけど…玲央は大丈夫? 【頷く】

OK! あっ!後、玲央。お前『あの名前』捨てな。

今日から『玲央』そのままの名前で行く。 いいな。

お前は今日から俺らの家族なんだからな。 外でタバコ吸うなよ!











《玲央》 【少し照れながら涙目になって】

……ありがとう…よろしく。










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



再び『作者めめもも』です。

次が、最終話になります。…って言ってもちょいちょい【謎】なかったっすか?

…なさそう…。

でもあるんです!! よく見てぇ〜。

だから、もちのろん『番外編』あります。

じゃっ