無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🚬🚬8話🚬🚬
no said  佐久間さんパシリに使われてます。









《深澤》 …てかお前ってどう見ても未成年だろ…。 タバコなんて…。










《玲央》 落ち着かないの…。吸ってないと…狩りたくなるの…。

人を…殺したくて仕方がなくなる。…ってあんた達は何者?









《 照 》…9人組で『Snow Man』っていう。ここには今5人しかいない。

狩り専門の目黒。俺ら4人は攻撃部隊。後ハッキング担当と情報収集担当と。









《玲央》 あ〜…。聞いたことあるわ。ハッカーと詐欺師がいる「関東一の殺し屋集団」。

それが、あんたらなの?…大したことないね。









《佐久間》 はい。タバコ…。あのCLUB閉店してた。

でも、サツは来てない。普通に閉めた…って感じだったよ。










no said 玲央は受け取ったタバコを開けた。

そして、火をつけ離れようとした。









《目黒》 おいっ! 待てよ。まだ話終わってねぇぞっ!











《玲央》 …何…。もう話すこと何もないし…。

殺し屋同士仲良く出来ないの知ってるでしょ?そこのがたいのいいお兄さん。

本来なら殺り合わないといけないんだから…ねぇ〜。【照を見る】

だから、もう終わり。 さよなら。








no said そう言って玲央は、彼らの元を去った。