無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

😱😱32話😱😱

nosaid トラビスが喫茶店を出た。 すると玲央は倒れかけた。

それに気づいて佐久間が支えた。











《佐久間》 もぉ〜っ! 無理しすぎって!やっと熱下がりかけてんのに…

また上がったらどぉ〜すんの!

めめもボォ〜っとしてないで、早く部屋に連れてって…

汗かいてるから着替えさせないと…。










目黒said 俺は佐久間君に言われ我に返り玲央を抱えて部屋に戻った。

着替えのスウェットを出し着替えるよう促し部屋を出た。

リビングに近づくと岩本君、阿部ちゃん、ふっかさんの3人の話し声がした。










《阿部》 玲央ちゃん…あの時本気で狩られる覚悟でいたね。

ビックリしたよ。










《ふっか》 俺もだよ…俺も覚悟してるけどいざってなると…

きっと『命乞い』するだろうなぁ…











《 照 》 アイツは…玲央は、あの施設で作られた【暗殺者】だ。最高傑作だよ。

俺らに会わなければ【殺人マシン】になるとこだった。

…さぞかし園長も誇らしいことだろ。 クソ親父がっ!!











目黒said 「クソ親父?」…そうか…だから岩本君は玲央の事を

あんなに気にかけるのか…











nosaid そう思って目黒は部屋に戻った。