無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

💻💻20話💻💻
玲央 said  私は声を上げて泣いた。感情を無くしてからは初めてだった。

この人達の前では何故か感情的になれた。

会ってまだ1週間ぐらいしか経ってないのに…

私の司令塔とはこんな感情は起こらない。

私の司令塔…Travis Japanの川島如恵留。私が施設にいる頃から司令を与えている。










《目黒》 …落ち着いたか…よかった。…阿部ちゃん。










《阿部》 ありがとう。目黒…。

じゃあ玲央ちゃん。調べとくよ。連絡先言いたくないでしょ?

だから1週間後。またら、ここにおいでそれまでには結果が出るはず。











玲央 said 私は、コーヒー代を払おうとすると『ええねん。ええねん。』

『めめの知り合いならタダええで』と言われた。

内心『知り合いじゃねぇし…。なんだったら銃向けられてるし』と思った。
(お前も向けてたなby目黒)

そのまま喫茶店を出て私は自分のアジトに戻った。

すると私の司令塔、如恵留がいた。











《如恵留》 お前がこんな日の高いうちに出かけるなんてな…

珍しいじゃん。1人で何処に行ってた。











《玲央》 いいじゃんよ。別に何処に行ったって…。昼間の行動に口出しすんな。

10年一緒にいるからって彼氏ヅラすんな。











《如恵留》 おおおお〜。なんかすげぇ〜言われようだな。

…(玲央に近づき抱きついて)ところで今日狩りする?

ターゲットいるけど…












nosaid その言葉を聞くと玲央の顔の表情が【殺し屋】の顔に変わる。