無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

💻🔪🚬23話🚬🔪💻

玲央 said 1週間後、私はあの喫茶店へ行った。

すると陽気な関西人が迎えてくれる。











《康二》 あっ。久し振りやなぁ。空いてるとこに適当に座ってな。

今日も【アイスコーヒー】でええか?

ええの入ったんよ。飲んでってな。












玲央 said 私はあまり人目のつかない場所に座った。

…というかここの店の造りが他の人の顔が見えないような造りになってる。

しばらくすると【アイスコーヒー】を持った阿部さんが来た。











《阿部》 はい。お待たせしました。【アイスコーヒー】です。

…あと、依頼の結果です。ねぇー。玲央ちゃん。見る前にひとつ聞きたい。

見てどうするの。狩るの?出来るの??











《玲央》 は?どういう意味?【封筒を受け取り】狩るに決まってんじゃん。

私の両親を殺したんだか……【結果を見て】…え?…ウソ…。










玲央 said 結果を見て私は愕然とした。 私の両親を殺したのは…

私の司令塔の如恵留だった。その瞬間私は手が震えた。呼吸も乱れ出した。











《阿部》 玲央ちゃん?大丈夫?…落ち着いて…。ヤバいな。これ…

康二!照を呼んで来て!!










《康二》 OK!! 任しとき!……あっ。めめ。










康二 said アジトに戻って照くんに事情を説明した。

照くんは喫茶店のモニターを見ていた。慌てる様子もなく…。











《照にぃ》 今、目黒が行ったんだろ?

大丈夫だ…。心配すんな。なんかあった時また呼べ。










康二 said そう言われて俺はまた喫茶店に戻った。