無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🔪🔫4話🔫🔪

玲央 said 私は振り返った。










《玲央》 …私に何か用?さっきから見てて…

気持ち悪いんだけど…。 てか、あんた、誰??










《目黒》 そういうお前こそ何者だよ。【2人同時に銃をお互いに向ける】










《玲央》 何?どういう事…同業者?獲物が被った??










《目黒》 …みたいだな。とりあえずその物騒なもんしまえよ。









《玲央》 …あんたが先にしまってよ…信用できねぇし…それに…【周りを見て】

あんたの方には仲間がいるみたいだし…私には部が悪い。










《舘さん》 なら2人同時にしまえばいい。俺らは、見届けるだけだ。









《玲央》 見届けるねぇ〜…。









no said 玲央と目黒は、警戒しながらも同時に銃をしまった。

玲央は、参った感じで建物の壁に背を付け、残り1本のタバコに火をつけた。

すると、5人の男たちに囲まれた。