無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

🔫☕️☕️30話☕️☕️🔫
nosaid    指定日の深夜TravisJapanの姿は閉店後の店の前にいる

テーブルの向かい側にはふっか、照、阿部の姿。












《中村》 …でディセンドは? 《ふっか》 今は、無理。

そう言って、出さないつもりですか?いくら、尊敬してる先輩でも…











《宮近》 …まず、その「真実」とやらを聞かせて欲しいです。











《阿部》 いいよ。 まずは、【盗聴記録】ね。聞いてみて…。










宮近said そこには、如恵留と1人の女性の声…女?これがディセンド?

あいつから女っていうワードは聞いたことがない。

だいたいcodenameか「ヤツ」だったから。











《七五三掛》 …ねぇ。最後に如恵留が【狩られたかった】って言ってるけど?

それでも、殺ってないっていうの?会わせてよ。いい加減。











《阿部》 まぁ〜待って。次は【定点】ね。…これ見てどう思う?











七五三掛said 定点の映像を見た。そこには女のてを取って自らの首を掻っ切ってる

如恵留の姿が映ってる…。ホントに自分で殺ったんだ。…でもなんで?

すると阿部ちゃんがあいつの昔話をした。俺は黙って聞くしかなかった。

…思い出したんだ。前に聞いた事があった。詳しくじゃないけど。

【小学生の頃に小さな子供の前で両親を殺した事がある。とそしていつかその子が

俺を狩りに来る】と。 俺は、みんなにそれを話した。










宮近said すると、目黒に抱えられて1人の女性…?

違う女の子が現れた。…まさかとは思うけど…ディセンド?