無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🗒🗒27話🗒🗒
ラウールsaid  2日後僕は岩本君に指示され玲央ちゃんのアジトのあるマンションへ

行ってみた。規制線は張られていたけど警察の姿はない。

マスコミ関係の人もいない。でも、あれはゴシップ記者らしき人がいる。

その人に声を掛けてみた。









《ラウール》 あのぉ〜、ここでなんかあったんですか?










《ゴシップ記者》 詳しいことはわかんないけどねぇ若い兄ちゃんが

首を掻っ切って死んでたらしい。










《ラウール》 【知ってんじゃん】自殺かなんかですか?…あっ。

すいません。僕『小説家』目指してます。それで参考になるかなぁ〜って。











《ゴシップ記者》 そう…【疑いの眼差しで】まぁ〜「自殺」ってのもあるし…

噂によるとあの兄ちゃん裏ではかなりヤバい事してたみたいだし…。

『SnowMan』って知ってる?殺し屋なんだけどねぇ〜。

なんかそいつらに殺されたんじゃないかってウワサもあるんだよね。

あと…なんか呪文みたいな名前の…。

そうそうっ!『ディセンド』と『デリトリウス』









《ラウール》 そうなんですね。ありがとうございます。

参考になりました。









ラウールsaid 僕はそう言ってアジトへ戻って岩本君に報告した。

すると、阿部ちゃんがやってきた。










《阿部》 お疲れ。ラウ。…って言いたいとこだけど…

見事につけられてたね。…ほら。











ラウールsaid 阿部ちゃんのノートパソコンの画面の防犯カメラには

…あっ、あのゴシップおじさんじゃん。










《ラウール》 ……ごめんなさい。どうしよう。











《ふっか》 まぁ〜、気にすんな。ラウはしばらく外には出るな。

仕事の時は裏口を使おう。

ラウール…お前は、頑張ったよ。な。照。










《 照 》 ああ…。良くやった。お疲れ様。ラウール。