無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

😰😆番外編1😆😰
私…北川  玲央 が関東一の暗殺集団『Snow Man』に加わってから

かれこれ一年が経った。みんなと関わるようになってだいぶ「人間的」な感情

も出せるようになってきた。

そんな中、昼間ラウールと2人でリビングでくつろいでいた。










《ラウール》 ねぇねぇ〜。 玲央ちゃん。

めめ とは、どんな感じなの?











《玲央》 ……どんな感じ…って?? 何が?

あ〜…『男と女』ってやつ?…なんもないよ。










《ラウール》……えっ!マジで?

めめの事好きなんでしょ? 付き合ってないの?










《玲央》 その「好き」の感情がわからん。

仕事としてのパートナーなのか…かもしんないじゃん。

じゃあさぁ〜…「付き合う」って…どういうことやんの?









《ラウール》 ……わかんない… 《玲央》は?











nosaid 2人でそういう話をしていると目黒が来た。










《目黒》 2人して何の話してんの? (玲央の隣に座りスマホを見る)










《ラウール》 ねぇ。めめ。「付き合う」ってどういうこと?










《目黒》 (スマホを見ながら) ん〜…ヤる。 《ラウール》下ネタかい!

…いや、普通そうだろ。他のヤツにも聞いてみろよ。










《玲央》 仕事の確認? 《目黒》…いや。









《玲央》 …ってか、何かあった? 《目黒》……いや。











《ラウール》 … あっ! もうすぐか… 《目黒》 …ラウ…(睨む)

…ごめん…ちょっと、買い物に行ってくるね。










《玲央》 気をつけて、いってら。










nosaid ラウールはリビングから出て行った。 目黒はずっとスマホを見ている。

玲央はだんだんと気になり…










《玲央》 何見てんの?










nosaid そう言ってスマホを除き込むと…

女性と目黒の笑顔の2S写真だった。