第77話

episode…73
682
2020/07/19 13:45

北人side



リハ終わり帰りの支度をしつつ悠羽を見ると
電話をしてた。

五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
あっ!臣くん?今日北ちゃんとご飯食べに行ってくるからお迎えいらないよ!


登坂くんか。
ほんと愛されてんなぁ
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
北ちゃん!いこ!
吉野北人
吉野北人
うん


いつの間にか電話終わってたらしく
パタパタと駆け寄るところはまだ子供だなっと
思った。


吉野北人
吉野北人
どこ行きたいか決まった?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
うん!
パスタ!!
吉野北人
吉野北人
パスタかー。
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
美味しいところあるかな?
武知海青
武知海青
パスタ食べに行くんっすか?
吉野北人
吉野北人
うん
武知海青
武知海青
したら、ちょっと歩きますけど大通りの所に新しく出来た所あるじゃないっすか?
あそこ美味しかったっすよ
吉野北人
吉野北人
んじゃーそこにするか!
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
うん!
海ちゃんありがとう!
武知海青
武知海青
めっちゃ美味しいから食べておいで!
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
うん!


行こ行こ!っと俺の背中を押して楽屋をでる悠羽。

昔なら手を引っ張ってたけど
やっぱり悠羽の中で気持ちが決まったんだなって思った。


吉野北人
吉野北人
ここかな?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
多分?
吉野北人
吉野北人
店の名前聞くの忘れたな笑
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
だね笑
吉野北人
吉野北人
海青に聞いてみる?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
いや、ここでいいよ!
美味しそうだし!
吉野北人
吉野北人
分かった。んじゃ入ろ!


店の中に入ると夜だからか同年代の人が多くって俺らを知ってる人もいるのか変装してるとは言えチラチラ見られる。

大事な話だし1番奥の席に案内してもらった。


五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
わぁー!沢山種類あるよ!
吉野北人
吉野北人
ほんとだ。
蟹もあるよ?悠羽!
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
蟹ー!
吉野北人
吉野北人
蟹にする?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
うーんでも、ウニも食べたいなぁ
吉野北人
吉野北人
じゃー俺蟹頼むから悠羽ウニにしたら?
そしたら両方食べれるでしょ?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
いいの?
吉野北人
吉野北人
いいよ笑
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
じゃーお願いします!


2人で分け合いっこして食べ終わってゆっくりしてると暫く黙ってた悠羽が話し出した。


五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
北ちゃん
吉野北人
吉野北人
ん?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
あのね?
吉野北人
吉野北人
あっ、悠羽
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
ん?
吉野北人
吉野北人
言わないで?
分かってるから笑
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
え?でも……
吉野北人
吉野北人
正直ね?登坂くんには敵わない笑
でもね、まだ悠羽をいますぐ諦めろって言われたら無理。
だからと言って今の関係を壊したいとかじゃないからね?
ゆっくりだけど俺も前に進むから。
それまでは、悠羽を好きでいさせて?
接し方も態度も今と変わらないから!
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
分かった。
吉野北人
吉野北人
ありがとう!
俺は悠羽に幸せになって欲しいから!
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
ありがとう!
吉野北人
吉野北人
俺こそありがとう。
ちゃんと答えようとしてくれて。
吉野北人
吉野北人
登坂くんにはいつ話すの?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
え?
吉野北人
吉野北人
え?言わないの?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
悠羽は……


悠羽の言葉に俺は正直驚いた。
思った以上に悠羽は大人になったのかもしれない。
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
だから誰にも言わないでね?
吉野北人
吉野北人
分かった。
とりあえず送ってくよ。
登坂くん待ってるでしょ?
五十嵐 悠羽
五十嵐 悠羽
そーだね笑
ありがとう!