無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

253
2021/12/07

第42話

よんじゅうに

中島 side











『 おはよ、でもないか、笑
こんにちわ 、?笑 』








我ながら 、 …… 酷い 。(




俺ってほんとにアイドルだっけ、

と思えるほど、

実際に好きな子の前に立てば

頭が真っ白になり、何も動かない。





かろうじて笑顔で取り繕うものの、

言ってることは意味不明。(



なにが ”こんにちわ” だよ←

他にもなんかあっただろ、(














あなた「 … 、ぁ、うん、
こんにちわ 、…? 」









え、疑問形??(

まって、絶対 引かれてるし、←

これ完全に終わっただろ、俺。(





と思いながらも

じっと見詰めてくる瞳に目が逸らせない。









『 ……なに 、?笑
なんかついてる 、?? 』








流石に見詰めすぎじゃない??

俺の心臓ぶっ壊れるよ??

という意味も込めて。←









あなた「 あ、いや、…ごめん、笑
なんか、……
ちょっと変わった、な、って。笑 」










変わった 、?? 俺が ??←


…俺的にデビュー当時から

そんな変わってないつもりなんだけど(









『 … そう ??笑 』






あなた「 うんー 、…なんか、
前よりかっこよくなった、気がする、 」






『 っ … ?! ////










…中島健人 、人生初、

心臓破裂の危機が迫ってます()