無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

# 15


ジミンside


俺がナムジャ③をあなたから追い払って



あなたが
me
me
ありがとう


ってすっごい可愛い顔で



言ってきたから思わず



抱きしめてしまった


でも______



あなたを抱きしめた瞬間




バチン



って音がして




記憶が流れてきたんだ



“ いやっやめてっ “


” お前、覚えてるからな “




知らない女の子の記憶…



泣き叫んでる



顔が黒くぼやぼやしてて思い出せない



俺はその女の子に一体何をしたんだろう




またあなたを抱きしめたら、











思い出せるだろうか_____??