無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

# 3


夏祭り当日
me
me
あっ
me
me
グクのりんご飴美味しそう!
グク
グク
あっこれ?
グク
グク
買ってきてあげよっか?
me
me
えっいいの?!
グク
グク
いいよ!じゃあそこで待っててね!買ってくるから!





me
me
💭それにしても今日は人が多いなぁ


ナムジャ①「ねぇねぇそこのねぇちゃん!」




ナムジャ②「俺たちと遊ぼうよ!」
me
me
いや人待ってるんで、


ナムジャ①「つれねぇな!早く来いよ!」




ぐいっ
me
me
えっ
me
me
いやっやめてっ


そのやりとりを続けながら



私は誰もいない神社の裏に連れてかれた


ナムジャ②「女、連れてきましたぜ」


そこには可愛い顔の




男の子が立っていた


??「ありがと、ナムジャ①ナムジャ②











てかそこの女名前なに?」