無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

# 5


私は気を失っていて


グクが私がいないことに気づいて





探し回って結果 見つかったけど




私は警察に行って事情を全て話した


警察は親を呼んで事情を話していたけど___


あなたオンマ「なんですって!汚れたのね!そんな汚れた子なんて私の子供にいません!」


あなたアッパ「汚い!話しかけるな!もう縁を切る!」
me
me
え…??


私は




「辛かったよね」




って言ってほしかっただけなのに

私は

汚いんだ


汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い



私はもうこれ以上バレたくなかったのに___


テレビにも報道された




テレビ「夏祭りで最悪の事件…

中学2年生のユン・あなたさんが

暴行された事件。

容疑者パク・ジミンくんは

今まで窃盗や泥棒はしてきたけど

女の子を暴行するのは初めてだったとのこと」



初めてだった?



私だって初めてだったのに______



やめてよ…私のことを報道しないで…!!








それから私はおばあちゃん家に預けられて





そこから中学校を通うことになったけど




中学3年生は不登校で、




高校1年生から通うことになった














私の人生を狂わした男




“ ジミン ”





を私は一生忘れない