無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

# 10


翌日の放課後🍒
me
me
💭今日もグクに会いに行こう



病院🍒


ガラッ
me
me
グク!


そこには誰もいない病室があった
me
me
あれ…?

医者「あれ…グクくんのお友達?」
me
me
はい!

医者「グクくんはついさっき家に帰ったよ」
me
me
え…ありがとうございました!
me
me
💭なんだ…一足遅かったなぁ
me
me
💭まぁいいや今からグクの家行こう


っと____________


私の目の前には昨日の男の子




” ジミン “




がまたいた
me
me
💭もう見ないふりして帰ろう


私がジミンに背を向けて帰ろうとした時



ガタンッ



と大きな音がした





振り返るとジミンが車いすと一緒に倒れていた
me
me
💭周りに誰もいない…
me
me
💭しょうがない!今日だけ!
me
me
大丈夫ですかっ!?
ジミン
ジミン
あ…えと…昨日の人ですよね?
me
me
あ…はい


私はジミンを連れてジミンの病室に行った
ジミン
ジミン
すみません
me
me
いや…
me
me
💭本当に私のこと忘れてるんだ…へぇ
ジミン
ジミン
俺…2年前交通事故で
ジミン
ジミン
記憶喪失になっちゃって
me
me
え…!?
me
me
そうなんですか!
me
me
💭嘘でしょ…
ジミン
ジミン
俺1ヶ月後に退院できるんですよ!
me
me
それはよかったですね!
ジミン
ジミン
俺…2年もリハビリ続けてやっと歩けるようになって…って車いすですけどね!
me
me
はい
ジミン
ジミン
すみません話長くなっちゃって…
me
me
いや全然いいですよ!
ジミン
ジミン
あの…もしよかったら





















ジミン
ジミン
明日もきてくれませんか?