無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

30
🐴あのねー、いつかは忘れたけど、アーティストになりたくて、家で特訓してた。
♥え!!だからうたうまいの??
🐴うたうまいかな??
♥うん!!
🐴ありがと///
🦄なに照れてんだよ〜
♥んねー
🐴照れてねーよっ

🦄言っていい??
♥あ、いいよ!!
🦄あのね、小学校の時、モデルになろうとしてた///
♥え、なんで諦めたん??
🦄え、顔的に無理だなーって。
♥そんなことないじゃん!!
🦄え、そ?嬉しいわ笑

🦊俺はね、好きな人に振り向いて貰うために、ドキドキさせる行動とかめっちゃしてたー///
♥え、そうなんだ!!誰にしてたん??
🦊え、俺、前言ったじゃん。
♥ん??聞いたっけ??
🦊俺ずっとあなたのことしか見てなかったんだって。恥ずかしいから言わせんなよ///
♥あ、ありがと///
🐰イチャイチャすなー
🐴ほんとよ
🦄爆笑
🐴そろそろおわる??
🦄もう眠いわ
🦊じゃあおーわりっ
♥じゃあねよ!!
🐰はぁーい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんかキュンキュンしなかったかな。


もっといい感じにしようと思ったんですけどね


まあそこは許してください。笑