無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21話
じんたん目線
じん
…テオくんのハンカチいい匂いするなぁ…
テオくんのハンカチを嗅ぐなんて、俺は変態だろうか。
じん
……え…なんで…
いや、変態だ。
俺は確信を得た。
何故なら、俺のモノが少し大きくなってきている事が服を着ていても分かる。
ここから、コンビニは遠い。
テオくんが帰ってくる前に、終わらせてしまおう。
そう思って、俺はモノを握って、ゆるゆると動かした。
じん
ぅ…あ…んっ…はぁっ…
テオくんの匂いのせいだからか、いつもより気持ちいい。
じん
ておくんっ…ぁっ…ぅ…んぁ…!
少し手を動かしただけで俺のモノからは白いのが出た。
じん
ん……拭かないと…
俺は、壁についた自分の白い液を拭こうと、ティッシュを取る。
俺は油断していたのだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ@じんくら
くりーむ@じんくら
アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ 愛方さん 豆腐ちゃん♡ 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹っ 夜くん わいの兄貴 特に好きな組み合わせ(?) ・テオじん ・じんテオ ・みやじん ・みやテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る