無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

29話
じんたん目線
じん
ッはぁっ…て、おくんっ…が…ッ…!
携帯に入った一通の電話。
たった一通でも今の俺には受け止めきれない。
テオくんが……。
゛死ぬかもしれない゛
みやは、震えた声でそう言った。
はっきり聴こえた筈なのに、聞こえない。
身体では聴こえてるのに。体も追いついていて走っている。
なのに心が追い付いてない。
じん
…ッ!みやっ…ッ…!!
俺の声もいつの間にか震えていた。
みやかわ
…じんちゃん…っ…
みやの顔は酷く青ざめていた。
じん
て、おくんは…?
吸血鬼だからか。なんて誤魔化してしまうのも俺の弱い所だ。
みやかわ
…じんちゃん…この話聴いても自分を責めたりしないでしっかり聞いて。
俺は深く頷いた。
みやは1拍置いて、2つのことを明かした。
テオくんは人になる薬を飲んでいた事。
そして、好きな人 ・ ・ ・ ・ が違う人を好きになってしまう。所謂失恋をすると、死んでしまう。そんな恐ろしい副作用がある事を。
じん
…テオくんの好きな人って誰かな…?そ、その子とテオくんが付き合えるように応援しようよ…!だからね…!
みやかわ
じんちゃん…!落ち着いて…!
落ち着けるわけが無い。
ここで俺の失恋が確定したんだから。
でも、俺が失恋した所で、死ぬ訳でもなんてもない。
それなら、テオくんの恋を応援してあげないと。
テオくんが死なない為にも。
友達としても横に居れなくなっちゃうかも知れない。
じん
だから…テオくんがッ…死なない為にも…ッ…
みやかわ
じんちゃん!!
みやが大声を上げると周りの人達が一斉にこっちを向く。
みやかわ
落ち着いて聴いてって!!
テオくんの好きな人なんてじんちゃんは知らないでしょ!?
ナースさんもみやを止めに、声を掛けているが、みやには聞こえていない。
みやかわ
無理すんなよ…!
……じんちゃんはテオくんが好きなんだろ…?
じん
…う、うん…ッ…
みやかわ
テオくんの好きな人はな…。
俺は涙を堪えながら、次の言葉を待った。
「じんちゃんなんだよ」なんて言う言葉が出て来ないと分かっていても。





























みやかわ
"じんちゃんだよ"

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ
くりーむ
特技ってなんでしょうか(By面白みのない奴) アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ 愛方さん 豆腐ちゃん♡ 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹っ 夜くん わいの兄貴 特に好きな組み合わせ(?) ・テオじん ・じんテオ ・みやじん ・みやテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る