無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23話
みや目線
みやかわ
まだかな…
ボソリと寂しく独り言を言い放つ。
それとほぼ同時にテオくんの家のドアがキィーと音を立て、開いた。
みやかわ
テオくん!さっきはご…
みやかわ
じん、ちゃん……?
中から出てきたのは涙で顔がぐちゃぐちゃになったじんちゃん。
慰めようと声を出そうとしたその時だった。
じん
み、やぁ…ッ…
色々な気持ちが混ざりすぎてしまったのか、じんちゃんは俺に抱きつく。
みやかわ
…へ?ちょっ…じんちゃ…え…?…
俺は理解が追い付かずに、間抜けな声を小さく出していた。
みやかわ
と、取り敢えず俺の家行こっか
そんな動揺を見せないようにいつも通りの俺で接した。
じんちゃんは こくり、という効果音が似合うように頷いた。
中々じんちゃんは離れない。
みやかわ
……よいし…ょ…っ…
重いだろうと予想して持ち上げたじんちゃんの身体は女の子かと疑えてしまう程に羽のように軽かった。
じん
…みや…ぁ…っ…
ただ名前を呼ばれるだけなのに、こんなにも緊張するものなのだろうか。
こんなにも心が弾むものなのだろうか。
こんなにも胸が苦しく締め付けられるものなのだろうか。
俺は情けない表情を隠すのに必死で、返事なんて出来ずに家まで歩いていた。
てお
じんたんって子が好きなんだ
頭の中には笑いながらそう言うテオくんの姿が消えないままだった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ
くりーむ
自分から絡みに行くようにはしてるけど……やっぱ苦手です(話し掛けてくれたら有り難き) アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ テオじん、じんテオ等…書いてるのにフォローして貰ってないよ!って人は雑談部屋のコメントに来てくださいね☆☆ 愛方さん 豆腐ちゃん! 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹☆ 夜くん わいの兄貴やでぇい☆ 特に好きなCP ・テオじん ・じんテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る