無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20話
テオくん目線
テオ
ん…ぁぁ…何だよ…応援するって言ってくれただろうが…
無駄に広い家での独り言は、寂しく、苛立ちが増す。
親友のみやかわに裏切られたからか、悲しさも少し感じていた。
コンコン____
テオ
んだよ…謝りに来ても許さねぇよ…!
と愚痴をこぼしながら、木のドアを思いっきり蹴って開けた。
???
わぁっ…!痛ッ……
この声はみやかわでは無い。
テオ
あ、ごめん!じんたん!!
顔に当たってしまったのか小さな手で顔を抑えている。
じん
い、いや…大丈夫…、
気にしないで……!
そう言いながらも、じんたんは手を顔に引っ付けたままだ。
テオ
じんたん、顔隠さないで…
怪我してるかもしれないから…
じんたんは、手をサッと下げる。
テオ
じんたん!鼻血出てる!
鼻血が出ただけで少し大袈裟に声を上げてしまった。
じん
あ、ほんとだ…手真っ赤になっちゃった…
テオ
笑ってる場合じゃなくて!
ハンカチで血止めといて!
俺は急かすようにして、じんたんにハンカチを渡した。
じん
あ、うん…!
じんたんらしい優しさが溢れた笑顔で「ありがとう」と言った。
じん
あ、鼻血止まった!
いつもの俺の部屋に入った瞬間、いきなり言うものだから、俺はビックリして、体がビクッと大きく揺れた。
じん
あはははwテオくんビックリし過ぎ〜w
テオ
いきなり言うからでしょ!
じん
ごめん、ごめん〜w
テオ
んじゃ、飲み物……
あ、ごめん、この前ジュース無くなっちゃった…
部屋の飲み物を置いているところには水の入ったペットボトルが1本しかなかった。
じん
え〜買ってきてよ〜ジュース…
子供のように拗ねるじんたん。
テオ
んもぉ、わーたわーた!特別に今日は買ってきてあげるから!
じん
やったぁ〜!!テオくん大好き!!
じんたんの好きは綺麗で透き通っているのだろう。
俺とは違って。
じん
じゃ、いてらぁ〜
テオ
行ってきます〜
こんな小さな選択で、大きく人生が変わるなんて、予想すらもしていなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ
くりーむ
自分から絡みに行くようにはしてるけど……やっぱ苦手です(話し掛けてくれたら有り難き) アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ テオじん、じんテオ等…書いてるのにフォローして貰ってないよ!って人は雑談部屋のコメントに来てくださいね☆☆ 愛方さん 豆腐ちゃん! 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹☆ 夜くん わいの兄貴やでぇい☆ 特に好きなCP ・テオじん ・じんテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る