無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話
じんたん目線
下校時間を時計が指すのと同時に聞き慣れたチャイムが鳴る。
テストがあった訳でもない。
苦手な体育があった訳でもない。
所謂"平凡でいつも通り"の学校。
それなのに今日は何故か疲労感があった。
今日は早めに帰って一眠りするか。
俺は何かないか、とマンションの部屋のポストを開ける。
じん
な、にこれ……
そこにあったのは一際目立つ封筒。
差し出し人は外には書かれておらず、誰のものかなんて分からなかった。
恐らく、小学生の「馬鹿」やら「阿呆」やら書かれたイタズラの手紙だろう。
そう思った俺は中も見ずにゴミ箱へ捨てた。
いや、"捨ててしまったんだ"

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ@じんくら
くりーむ@じんくら
アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ 愛方さん 豆腐ちゃん♡ 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹っ 夜くん わいの兄貴 特に好きな組み合わせ(?) ・テオじん ・じんテオ ・みやじん ・みやテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る