無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26話
じんたん目線
みやかわ
っ…ごめ…じんちゃん…っ…!
眠気と必死に戦っていた俺にとってはその言葉を何故ぶつけられたかは、分からなかった。
そして、その直後、首元に激痛が走った。
目を開けて確認したいが、多分みやは、俺が寝ていると思っている。
そんなことを考えていると、首にざらっとした感覚を覚えた。
舐められたかのような感触で出そうになった声を必死に抑えた。
これはみやの仕業だと確定は出来ないけれど、みやは吸血鬼だ。
吸血鬼は美女の血を求める性質がある。
どうしても血が手に入らないから俺の血を吸って我慢している、というのは直ぐに分かる事だった。
だけど美女とは真逆、いや、無縁の様な俺の血で満足出来るものなのか。と少し驚きを感じた。
じん
……寝よ…
既にみやが部屋を出て行ったという事は確認していたので、あまりはっきりしない輪郭のドアノブを引き、テオくんの部屋と思われる部屋のドアを開けた。
案の定、部屋はシンプルで本棚とベッド程しか無かった。
そして俺は座るだけで沈むような柔らかいベッドに寝転がった。
その途端、さっきの眠気を思い出したかのように瞼が重くなった。


















______首に小さな傷がまた増えた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ
くりーむ
自分から絡みに行くようにはしてるけど……やっぱ苦手です(話し掛けてくれたら有り難き) アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ テオじん、じんテオ等…書いてるのにフォローして貰ってないよ!って人は雑談部屋のコメントに来てくださいね☆☆ 愛方さん 豆腐ちゃん! 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹☆ 夜くん わいの兄貴やでぇい☆ 特に好きなCP ・テオじん ・じんテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る