無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9話
テオくん目線
テオ
…あぁ……まだかな…
部屋の振り子時計は"約束の時間"だと告げるように低い音を鳴らす。
流石に遅すぎたのか。
もう嫌われてしまったのか。
やっと分かったのに。
この黒い感情は何なのか。
本当の心は嫌われても好かれてもどっちでも良いなんて思ってなかった。
なのに俺はこの気持ちを隠し、戸を閉めてしまった。
いつもなら街へ出掛け、食料を探すだけのこの時間。
その時間が今こうやって無駄になっていってるのに。
この気持ちを受け取って欲しい。
だけど、こんな気持ちなんて受け取らないで。なんて訳の分からない事を考えて。
こんな事なら吸血鬼バンパイアになんてなりたくなかった。
不死身の身体なんて要らなかった。
人として生きたかった。
テオ
くそぉぉっ…!
それでもじんたんは振り向いてくれないのだろう。
今気づいても遅いなんて分かってるけど。
この気持ちは
















恋、というものなのだと。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ@じんくら
くりーむ@じんくら
アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ 愛方さん 豆腐ちゃん♡ 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹っ 夜くん わいの兄貴 特に好きな組み合わせ(?) ・テオじん ・じんテオ ・みやじん ・みやテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る