無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

24話
じんたん目線
みやかわ
ん、着いたよ
そう言ってドアを開け、優しく俺の足を床に着く位に降ろしてくれた。
じん
……あ、りがと…
先程の短い号泣で水分を使い果たした様で少し乾いているような声が出た。
それに気付いてくれたのか、みやは水のペットボトルを俺の前に差し出した。
じん
…ん……
俺は、「ありがとう」のあ、の文字も口にしないまま、奪い取るかのように水を飲んだ。
じん
…っはぁ……っは…ぁ…
長い間水を喉に通していたせいか、漏れ出た息は水中に居たかのような息遣いになる。
みやかわ
………ッ…じ、んちゃん…テオくんと喧嘩した…?
「聞いていいのかな」とでも言うような不安そうな声で聞くみや。
じん
…け、んか…では無いかな…
俺が逃げ出しちゃっただけだからさ…
俺のこの言葉はその場を固めてしまっただけだった。
みやはそれ以降その事に触れることは無かった。
みやかわ
…じんちゃんってさ、なんか…可愛いよね…
会話が弾み始めたその時にいきなりそんな事を言い出す。
じん
…う、ぇ…ん…そ、んなことないよ…//////
だ、だだ、第一、お、俺男だしっ…!
動揺を隠しているつもりが口から出たのは明らかに焦りが伝わってしまうような声だった。
みやかわ
…今日はもう暗いし危ないから泊まっていきなよ
またも関係の無い話を持ち出す。
じん
う、ん
俺は少しばかり落ち着いた声で言った。
てお
じんたん!これ凄くない!?
そんな明るく俺を呼ぶテオくんの姿が何故か俺の脳裏によぎった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ
くりーむ
自分から絡みに行くようにはしてるけど……やっぱ苦手です(話し掛けてくれたら有り難き) アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ テオじん、じんテオ等…書いてるのにフォローして貰ってないよ!って人は雑談部屋のコメントに来てくださいね☆☆ 愛方さん 豆腐ちゃん! 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹☆ 夜くん わいの兄貴やでぇい☆ 特に好きなCP ・テオじん ・じんテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る