無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25話
みや目線
じん
みやぁ〜眠たいんだけど…
今にも閉じてしまいそうな程、細く、目を開けて必死に眠気に耐えながらボソボソ歯切れ悪く言うじんちゃん。
その姿を見て、襲いたくなってしまうのは俺が吸血鬼だからだろうか。
みやかわ
お、おう…!
俺の部屋…は汚いからなぁ……
本当は俺の部屋で寝かせたかったけれど、あんなに散らかった部屋に好きな人を寝かせれる訳が無い。
みやかわ
…あ…テオくんの仮部屋、借りて寝よっか…!
テオくんの仮部屋、とは俺の家に泊まりに来ることがあまりにも多かったから、テオくんの部屋を作った。
中には、テオくんの好きな本が数十冊入った本棚とベッドがあるだけだ。
だから、テオくんの部屋。ではなくテオくんの「仮」部屋と呼んでいる。
じんたんはテオくんが好きなんだから、大丈夫だろう。
みやかわ
ほい、じんたん起きて〜
じん
んん…やる気出たら部屋行くぅ…
と、言ったものの目の前ですやぁと寝出した。
少し大きい俺の服を着ているせいで、肩が見えてしまっていて、エロい。
みやかわ
っ…ごめ…じんちゃん…っ…!
俺は理性なのか本能なのか分からないものに負けてしまい、じんたんの首に牙で乱暴に肌を破った。
じん
…っぁ…いっ…
痛そうな顔をするが、中々目を覚まさない。
俺にとっては好都合。と考えてしまう自分がどこかしらに居たようだ。
みやかわ
…っ…はぁ…
牙を抜き、その傷口から溢れた真っ赤な血をぺろりと舐め、俺は何も無かったかのように自分の部屋へ逃げた。
みやかわ
くっそ…じんちゃんに手出してどうすんだよっ…
今更後悔するが、そんなのは関係無く、時間は過ぎるものだ。
じんちゃんの首に既にあった小さな2つの傷を付けた人は誰かなんて簡単に分かる事だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ
くりーむ
自分から絡みに行くようにはしてるけど……やっぱ苦手です(話し掛けてくれたら有り難き) アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ テオじん、じんテオ等…書いてるのにフォローして貰ってないよ!って人は雑談部屋のコメントに来てくださいね☆☆ 愛方さん 豆腐ちゃん! 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹☆ 夜くん わいの兄貴やでぇい☆ 特に好きなCP ・テオじん ・じんテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る