無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30話
じんたん目線(吹き出し多め)
じん
……み、や…こんな時に冗談は辞めてよ…
みやかわ
冗談じゃない。本当の事だよ。
テオくんはじんちゃんの事が好きなんだよ。
じん
嘘だ…!だって、テオくん、俺の事無視するし、街歩く時、いつも女の子見てるし…
みやかわ
…テオくんが人になった理由ってね、じんちゃんに振り向いて欲しいからなんだよ。
念を押されるように言われ、言い返す事は出来なかった。
ナース
……み、宮川さん…!寺島さんが目を覚ましましたよ…!
ナースの人は、吸血鬼のみやに怯えているのか少し弱々しい声で言った。
みやは、人に似ている吸血鬼。
遠目で見ても分からないのだ。
みやかわ
テオくんが!?今行きます!
ナース
は、はい…こちらです……
俺も、小走りでみやの背中を追いかけた。
ガタン!!
と強く扉をスライドさせるみや。
俺は直ぐにその後ろから、入り、優しく扉を閉めた。
じん
テオくん……?
テオ
……じんたん…?
じん
良かったぁ…いきなり電話掛かって来るからびっく…
テオ
じんたん…!
じん
……どした…?
テオ
俺さ、もう少しで死ぬかもしんない。
薬の事か。俺がテオくんに想いを寄せていることは知らないのだろう。
じん
…いや、テオくんは長生きするんじゃない…?…
長い沈黙が流れた。
じん
……ねぇ、テオくんの好きな人ってどんな人?
テオ
……好きな人居ないよ
じん
嘘だ…だって、二重がくっきりした…!
テオ
…じんたんにはなんでもバレちゃうなぁ…
テオ
…俺の好きな人はね、やる事成す事全部可愛くて、ちょっと抜けてて、弱々しい感じがする子なんだよ。
じん
そっか…!
俺は少し嬉しかった。
いつも想っていた人から、そんな風に、思われていたのだから。
テオ
ん〜…じゃあ、じんたんの好きな人は?
じん
俺の好きな人はね…カッコよくて、俺の憧れで、だけど可愛い所もある人。
テオ
ッ…そ、うなんだ…
苦しそうに笑うテオくん。
薬のせいなのか、はたまた、失恋のような苦さを味わっているからなのか。
今なら大丈夫。
俺なら大丈夫だ。
じん
その人はね、俺のいつも近くにいて、よく話す人。今も近くにいて、好きな人の話をしてるんだ。
近いような遠いような告白をした。
テオくんはどう思っているのかな?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くりーむ@じんくら
くりーむ@じんくら
アイコンは夜くん(user/38077f+)が描いてくれました!控えめに言っても神ッッ… 腐っておりますっ。 すいませんがフォロバはしません。← だけどピーマン書いてる方はフォローします☆ 愛方さん 豆腐ちゃん♡ 家族さん 星野マユちゃん 姉御← そらちゃちゃん 我のおばあ様 うまとうさぎとひよこと。ちゃん 姉妹っ 夜くん わいの兄貴 特に好きな組み合わせ(?) ・テオじん ・じんテオ ・みやじん ・みやテオ 好きなシチュ ・お酒 ・学パロ ・年下攻め&年上受け ・嫉妬ネタ ・オメガバース ・玩具放置(SM) ・ハピエン ・バドエン ・歌詞系 etc……(なんでも受け付けます☆) ちなみにくりーむのファンマ&ファンネはこちら⤵︎⤵︎⤵︎ 「くりぃむ」 「🍨🤓」 良かったら付けてね(付けなくていいっすはい)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る