前の話
一覧へ
次の話

第1話

菊池風磨①
風磨side



俺の彼女が倒れてから3日が経とうといている。



普段はワガママでめんどくさいって思ってたけど、



いざ自分の隣にいないと心に穴が空いたようだ。



俺、思ったより好きなんだなって考えた。



なんでこんな大事なこと言わなかったんだろ。



"ガン"



そう、彼女にはガンがあるらしい。



いつ死んでもおかしくない状況で。





それは3日前…



大学のキャンパス内であなたの後ろ姿を見つけた。

風磨
風磨
あなた
振り向いたあなたの顔色はいつもより悪かった。
あなた

あっ風磨

風磨
風磨
大丈夫か?
あなた

え?

風磨
風磨
顔色悪いぞ。休めよ?
あなた

…いから

風磨
風磨
ん?
あなた

風磨に会いたいから

えっ?こいつ…
風磨
風磨
毎日会ってるだろ?
あなた

毎日会っちゃってるから1日会えないだけで寂しくなるんだよ?

風磨
風磨
んなことないだろ笑
あなた

んなことある!!

この時のあなたの言葉通りになるとは、



その時の俺は1ミリも考えてなかった。



こんなにもすぐあなたが隣からいなくなるなんて。