無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,401
2021/08/10

第115話

114





五条あなた
で、帳の中に閉じ込められてる一般人は「五条悟」を連れてこいと。
伊地知潔高
はい、
五条あなた
ふぅーん、私たちなめられたもんだね。
五条あなた
兄さんは?
伊地知潔高
上からの命で、単独で帳の中に入っています。
五条あなた
兄さんが行くなら私も行く。
七海建人
駄目です。あなたさん。
今は、待機です。
五条あなた
七海さん、私さ。
上の命令とか、もうどうでもいいんだよね。
あの時から。
水華嶺(ミカミ レイ)
………ねぇ、あなた。
深刻そうな顔をして嶺が私の名前を呼ぶ。
水華嶺(ミカミ レイ)
あの、今回の事件のことさ。ちょっとだけ知ってるんだよね。
五条あなた
まじですか。
水華嶺(ミカミ レイ)
まぁ、ハッキリと聞いたわけじゃないけど。
五条あなた
なんて、言ってた?
水華嶺(ミカミ レイ)
「五条悟を封印する」って。

その場にいた、全員が固まった。
五条あなた
は?
兄さんが、封印?
五条あなた
クソッ、伊地知さん!!
私、中行ってくる!!
伏黒恵
おい!!あなた!!
中は、特級呪霊がいるんだぞ!
五条あなた
特級呪霊には、特級術師でしょ?
ここに、特級術師がいるのにじっとする方がおかしい。
後、兄さんが封印とか死んでも阻止するから。

「疾風迅雷」を使い、中に入る。


兄さん、封印なんかされないでよ。





兄さんがいない世界は、幸せじゃないんだから。