無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,311
2021/08/15

第121話

120







外に出てみると、韋駄天が置いてきたと思われる一般人が補助監督や窓の人たちに、介抱されていた。
麒麟児(キリンジ)
あなた様、僕行ってきます…!
五条あなた
うん、いってらっしゃい。
ふらふらと、空を飛んでいると後ろから声をかけられる。
虎杖悠仁
あなた!!
中、見てきたけどアレ全部あなたか?
あ、もう中入れるようになったんだ。
五条あなた
うん、
冥冥
帳内に、呪霊が見当たらない。
五条あなた
あー、それ全部私たちがやりました。
冥冥
……はぁ、特級というレベルじゃないな。
五条あなた
冥さん、今日も美しいですね♡
釘崎野薔薇
あ!!!いたぁあー!!!
五条あなた
あ!!野薔薇!!!
野薔薇の方に駆け寄り、野薔薇を抱き抱える。
五条あなた
野薔薇、大丈夫だった?
見た所、外でも戦いあったんでしょう?
釘崎野薔薇
そんなの、へっちゃらよ!!
あなたは?
五条先生吹き飛ばして、一人で中に残って戦って。
五条あなた
…あ、野薔薇サン…怒ってらっしゃる?
釘崎野薔薇
あっっっったり前ッッツ!!!
五条あなた
そっかぁ♡
心配してくれてありがと♡
釘崎野薔薇
キモ。
五条あなた
釘崎野薔薇
なんか、五条先生と瓜二つよ。
辞めなさい。
五条あなた
そんなに、似てるかな…自分じゃわからぬ。
すると、そこに息が切れた恵が来た。
伏黒恵
あなた、水華、知らないか?
五条あなた
こっち帰ってきてから、見てないけど…
嶺、何かあったの?
伏黒恵
わからねぇ、
あと、五条さんもいない。
五条あなた
…ちょっと待って。

集中して、2人の呪力を探す。
五条あなた
見つけ…
見つけたと思ったら、消えた。

そして、消えたと思ったら私の後ろに現れる。